Apple StoreのLucky Bagに初挑戦も行列にすら並べずに終了

毎年恒例となっているApple StoreのLucky Bag販売に初挑戦することにしたのだけれど、1/1の21:00過ぎにApple Store銀座の行列に並んだところ、残念ながら『Lucky Bagは終了しました』の札を持った警備員を拝んで帰る。という苦い初挑戦になってしまった(^ ^;

■『ラッキーバッグは終了しました』の案内を掲げる警備員
130101_LuckyBag.jpg

前日ぐらいまでは『始発前に行けば買える』と思っていたけれど、当日の様子をTwitterで眺めていたところ、予想していた以上に列が並んでそうだったので、予定を前倒しして前日の終電で行く事を考えていたところ、かなりの勢いで行列が伸びている。とのことなので、仕方なくさらに予定を大幅に前倒しして、当日の夜のうちに行列に並ぶ事に。

家を出発した時点(20:30頃)で、Apple Store銀座の行列は、京橋駅周辺まで伸びている事が解っていたので、銀座では無く京橋駅を出て、行列の最後尾に並んだところ、残念ながら『Lucky Bagは終了しました』の案内を目にする事になった(^ ^;

行列の最後尾に到着したのは21:15頃で、警備員さんに聞いたところ『30分前に受け付け終了した』とのことだったので、銀座店での今回のLucky Bagは20:45頃(開店の約11時間前)には受付を終了していた模様。

行列に並べもしなかった。というのは悔しい初挑戦ではあるけれど、列に並ぼうとした時点で終了していた&この時点で行列に並ぶ事が出来なかったという事で、『夜通し待って、朝を迎えたら終了を告げられた』という悲惨な自体を招かなかった事は感謝したいところ。
※他の店舗では朝になって整理券が配られて、夜通しまったのに残念。となった方もいる模様なので…。

今回の銀座店の例で考えると、少なくとも発売開始の12時間ぐらい前には並ぶ必要があって、Lucky Bagの平均的な中身が、販売価格で50,000円〜60,000円相当の商品である事を考えると、一晩並ぶだけの価値があるのか?
と言われれば難しいところで、Lucky Bagの行列に並ぶ事自体をイベントとして楽しめないと、かなりツライ待ち時間になるんじゃないかなぁ…てなことを思ったり。

Apple Storeではオンラインでも初売りを行っており、以下より購入が可能。
Apple Store初売り – Apple Store (Japan)

個人的には狙っていたMac miniがセール対象外なのが悔しいけれど、iPadのRetinaモデル(最新版)や、iPod touch(最新版)、MacBook Air/Proなどが通常よりも割引され販売されているので要チェック。