ジェットスターの有楽町ロフト限定 国内線の100円セールを開始!キャンペーンでは混乱も

4/24(水)よりジェットスターが有楽町ロフトで開催中の、100円/片道セールに行ってみた。

別件の用事で4/23(火)の深夜に東京駅に到着したので、そのまま有楽町ロフトまで徒歩で移動。

23:30頃に有楽町ロフトに着いたら、既に1組徹夜組がいたので『先頭になれないならいーや』ということで、この時点でチケットの購入を諦めて帰宅することに。結果的にこの判断は正しかった。と思っている。

■ジェットスター:100円セール用の入口が設けられている
0423_Jetstar_01.jpg

■プレス用の入口もあり
0423_Jetstar_02.jpg

チケットの購入を諦めたのは、キャンペーンで事前に告知されている内容として搭乗期間が

■対象期間
2013/5/8 〜 7/4の指定された日

と記載されており、恐らく土日は対象にならないと想定できたのと、路線についても明確に明記されていなかったので、路線の限定がありそうな気がしていたため(^ ^;

徹夜して待っていない段階で100円/片道チケットの取得は諦めていたので、4/24(水)の昼過ぎにキャンペーンの様子だけ見に行くことに。

■4/24(水) 15:30ごろの様子
0423_Jetstar_03.jpg

販売は10:30から開始されているにも関わらず、5時間経過後も店の外まで行列ができていた。

■予定数に達したため列への追加が禁止されていた
0423_Jetstar_04.jpg

開店時間(10:30)には既に列への追加が禁止されていた模様。

■店内の行列の様子
0423_Jetstar_04_02.jpg

■用意された専用のPCから購入する
0423_Jetstar_04_03.jpg

■店頭でのセール告知内容
0423_Jetstar_05.jpg

■店頭でのセール告知内容(拡大)
0423_Jetstar_06.jpg

セール開始前には告知されていなかったけれど、実際には販売される路線が限定されており、その内容が店頭のチラシで告知されていた。
※これを知らずに、長時間行列で待っていた方はけっこう気の毒…。

■発売日&対象路線&搭乗期間一覧

発売日 セール対象路線 搭乗期間 販売数
4/24(水) 成田 ⇔ 札幌、福岡、大阪 5/8 ~ 5/31 500席限定
4/25(木) 成田 ⇔ 大分 5/8 ~ 5/31 100席限定
4/26(金) 成田 ⇔ 那覇 5/8 ~ 5/31 100席限定
4/27(土) 成田 ⇔ 鹿児島 5/31 ~ 7/4 100席限定
4/28(日) 成田 ⇔ 松山 6/11 ~ 7/4 100席限定
4/29(月) 成田 ⇔ 札幌 6/1 ~ 7/4 100席限定
4/30(火) 成田 ⇔ 名古屋 6/1 ~ 7/4 100席限定
5/1(月) 成田 ⇔ 大分 6/1 ~ 7/4 100席限定
5/2(火) 成田 ⇔ 福岡 6/1 ~ 7/4 100席限定
5/3(水) 成田 ⇔ 札幌 6/1 ~ 7/4 100席限定
5/4(木) 成田 ⇔ 松山 6/11 ~ 7/4 100席限定
5/5(金) 成田 ⇔ 関空 6/1 ~ 7/4 100席限定
5/6(土) 成田 ⇔ 那覇 6/1 ~ 7/4 100席限定

実際に、当日行列に並んだ上で、販売開始後に上記のように対象路線が限定されていることを知った方の中には、その時点で諦めて帰った人も少なくない。という話を現地にいた人から聞いたけれど、その後は整理券を配布し、2日目以降のセールで利用可能となるように案内をしている。

■整理券配布の告知
0423_Jetstar_07.jpg
掲載元:ジェットスター×ロフト ゴールデンウィークダブルチャンス抽選会 | Jetstar

整理券の配布はいつごろ行われたのか不明だけれど、自分が店内に滞在した17:30頃には整理券を配布していることは確認できなかった。

今回チケットの購入目当てではなくロフトに行ったのは、イベントの様子を見たかったのと、もう一つのキャンペーンとして開催されている『3,000円以上の購入でもらえるスクラッチ抽選』の方に興味があったため(^ ^;

■3,000円以上の商品をロフトで購入してみた
0423_Jetstar_08.jpg

袋がジェットスター×ロフトの袋なのは予想外でちょっとウレシイ。

ロフトで3,000円以上の商品を購入するのは、思ってたよりもハードルが高いので『まとめ買い』の方が良いかも(^ ^;

■搭乗券風のスクラッチ抽選券をレジで受け取る
0423_Jetstar_09.jpg

これも予想外にクオリティが高くて、個人的にはテンションがあがった。

■スクラッチ抽選券(裏面)
0423_Jetstar_10.jpg

結果は残念ながらハズレだったけれど、スクラッチ抽選券の方は、スクラッチ抽選券が搭乗券風のデザインになっていたりしたのは何となくウレシイ。

ただ、店頭でのキャンペーン全体としては、長時間行列に並ぶことによってイライラしている人が多く、何となく店内にもそんな雰囲気が漂っているし、キャンペーンのスタッフにクレームを言っている人も見かけたり、スタッフの方も疲れが見えていた(人間なので当然だけど)

そんなわけで『100円チケット』の販売は、広告宣伝効果以外に、チケットを購入する側、イベントを開催したロフト、チケットを販売したジェットスターの3社にとってあまり効果のあるキャンペーンとは思えず、改善すべき点が多数あったように思うし、長時間並んだ後に対象路線の限定があることを知って諦めて帰った。という方は本当に気の毒に思う。

行列に並んでいる間は基本的にすることはないし、ロフト店頭の商品を見て回ることもできない(できれば3,000円以上の商品購入をする人も一定数見込めたかも)ので、整理券を配って、時間になったら呼び出す。

というような方式にした方が、店頭の行列スペースに並べてある商品の販売機会損失を防ぐこともできるし、行列に並ぶ必要が無くなるので双方にとって良いんじゃないかと。
※『行列にこれだけ人が並んで居る』という広告効果が最重要。であれば、現状の方式でも良いと思うけれど…。

チケットを購入する際の時間についても『15分程度で次の方に交代してください。』と記載されているだけで、実際にはそれほど厳格には運用されていなかったし(難しいと思うけど)、日頃行われている『100円/片道』などのタイムセールで購入するのが難しい(購入に時間がかかる)客層が対象なので、購入にもそれなりに時間がかかる。というのが、行列がなかなか捌けない理由と思う。

であれば、事前に搭乗予定の路線や人数などを確認した上で、スタッフが代理で購入する。という方法をとった方がスムーズに購入までのフローが完了すると思うし、その辺りは改善の余地ありなのかなと思ったり。
※とはいえ、2日目以降は100席限定なので、2日目以降はそれほど行列が長くなることも無いのかなぁ…。

そんなわけで、キャンペーンの運営としてはもろもろ改善すべきと思える箇所が多数あったキャンペーンだけれど、これをキッカケに、LCCで安く移動できることが認知されれば、キャンペーンの役割としては果たせているのかなと。