ジェットスター 有楽町ロフトの100円セールで航空券を購入する方法と注意事項

ジェットスターが有楽町ロフトで開催している『100円セール』で航空券を購入する方法と注意事項のまとめ。

■ジェットスター 有楽町ロフト限定の『100円セール』初日の様子
0430_Jetstar_100yen.jpg

『100円セール』航空券の購入は先着順となっており、セール期間中に有楽町ロフトに早く並ぶだけで航空券を購入することが可能なので、これ自体は(時間の都合さえ許せば)それほどハードルは高くなく、Webサイトで行われる激安セールでの航空券購入が難しい方にとっては、有り難いキャンペーンと言える。

行列に並んでいた人の中に、若者&高齢者が比較的多かった(普段のジェットスター便搭乗者に占める割合よりも)のも『時間に余裕がある』という条件に一致したからかも。

ただ、今回のキャンペーンについては注意事項が何点かあるので注意点のご紹介。

  1. セール対象路線は日替わりで設定される
  2. キャンペーン開始後に詳細が発表されたので、特に初日は混乱があったと思うけれど、100円/片道の座席は対象路線・対象日に限りがあり、以下の通り。

    ■発売日&対象路線&搭乗期間一覧

    日付 セール対象路線 搭乗期間 販売数
    4/24(水) 成田 ⇔ 札幌、福岡、大阪 5/8 ~ 5/31 500席限定
    4/25(木) 成田 ⇔ 大分 5/8 ~ 5/31 100席限定
    4/26(金) 成田 ⇔ 那覇 5/8 ~ 5/31 100席限定
    4/27(土) 成田 ⇔ 鹿児島 5/31 ~ 7/4 100席限定
    4/28(日) 成田 ⇔ 松山 6/11 ~ 7/4 100席限定
    4/29(月) 成田 ⇔ 札幌 6/1 ~ 7/4 100席限定
    4/30(火) 成田 ⇔ 名古屋 6/1 ~ 7/4 100席限定
    5/1(月) 成田 ⇔ 大分 6/1 ~ 7/4 100席限定
    5/2(火) 成田 ⇔ 福岡 6/1 ~ 7/4 100席限定
    5/3(水) 成田 ⇔ 札幌 6/1 ~ 7/4 100席限定
    5/4(木) 成田 ⇔ 松山 6/11 ~ 7/4 100席限定
    5/5(金) 成田 ⇔ 関空 6/1 ~ 7/4 100席限定
    5/6(土) 成田 ⇔ 那覇 6/1 ~ 7/4 100席限定
  3. セール座席は『100席』限定で、当日購入可能なのは15人/日前後
  4. セール対象の『100円航空券』は毎日100席の販売に限定されており、一人が複数の航空券を購入することを想定して、列に並ぶことができる(航空券が購入できる)のは1日あたり20人前後に制限されている。

    実際に、セール2日目に現地で聞いてみたところ、セール2日目の行列は約15人(初日に配った整理券の分を考慮した人数設定)で打ち切りとなっており、この日の例では先着15人以内に入れない場合、そもそもセール価格での航空券購入自体が不可能となる。
    ※ちなみに、この日は開店2時間前の8:30に行列を打ち切ったとのこと。

  5. 希望の便が100円/片道になる保証が無い
  6. もう1点難しいのが、例え『100円/片道』の対象期間であっても、搭乗を希望する便が100円/片道で購入できる保証は無い。

    普通に考えると、100円/片道で販売されるのは搭乗率が低い日 = 週末を除く平日であることが多いので、週末を利用して100円/片道の航空券購入を考えていた場合、最悪の場合はそもそも週末に100円/片道の座席が設定されていない可能性も考えられるし、仮に週末に100円/片道の便が設定されていた場合でも、希望通りの時間帯の便が予約できる保証が無い。

    よくあるパターンとして想定できるのが、運良く100円/片道の航空券を購入できたとしても、もう片方はどうしても100円/片道で購入することが難しく、結果的に往復で考えるとそれほど安くは無かった。

    というパターンで、行列に並んだり待機したりする時間が長ければ長いほど、この時の徒労感は大きいのでは。という点は心配している(^ ^;

キャンペーン初日は『500席』ということで、2日目以降の『100席』よりも大幅に座席や対象路線が多く設定されていたため、かなり多くの人が行列に並んでおり、行列が長い分だけ、待ち時間もかなり長くなることがあったけれど、2日目以降はそもそも行列の列が短く(最大でも20人前後)なるため、店舗がオープンしてからの待ち時間は短くなったと思われる。

とはいえ、セールに参加するためには長時間屋外で待機する必要があり、その結果として希望の日程の航空券を購入することができない。というケースがある(対象期間内であれば100円/片道の航空券購入が保証されているわけではない)というのは、屋外で長時間待機する対価としてはリスクが大きく、一言で言えば、個人的にはあまりオススメすることができないキャンペーンではある(^ ^;

LCCの認知を広げるという意味では、ある程度話題になった。という点で役割を担っているとは思うので、今後は利用者の負担があまり大きく無い形で実施をお願いできればいいかなぁ…と思ったり。

そんなわけで、これからジェットスターのキャンペーンで100円/片道の航空券購入を狙う方は、上記の点を予め認識した上で、100円/片道の航空券にチャレンジすることをオススメ。