『春秋航空日本』がコールセンタースタッフを募集中/日本国内線参入に向けた準備?

スポンサーリンク

LCCとAndroidの話題が中心のHelp PointさんのBlogエントリで知った情報。

中国発のLCC『春秋航空日本』がコールセンターのスタッフを募集している。

『春秋航空日本』のコールセンタースタッフ募集内容は以下より。

コールセンタースタッフ業務内容

入社時期は『2013年10月1日以降会社が指定する時期』となっており、春秋航空日本は、2013年中の日本国内線就航を計画しているとのことで、コールセンタースタッフの募集は、日本国内線周航に向けた準備と思われる。

春秋航空について – 会社概要

春秋航空日本株式会社は、中国初の民間LCC(ローコストキャリア)である春秋航空股分有限公司の関係会社として、2012年10月に発足いたしました。

現在、首都圏を拠点とし、2013年の定期国内線及び2014年には定期国際線の就航を計画いたしております。

春秋航空の日本国内線の就航は2013年5月に日本国内線の就航計画を正式に発表した後は、これまでの間に特に大きな動きが無く、就航予定に関する正式な発表も特に行われていない。

春秋航空は、中国国内線の一部で女性の客室乗務員の制服をメイド服に、男性の客室乗務員の制服を執事姿にてサービスを提供することを発表して話題になっていた。

春秋航空が女性CAの制服をメイド服に | 中国ビジネスヘッドライン

春秋航空はこのほど、国内で初めて、客室乗務員(CA)の女性はメイド姿、男性は執事姿でサービスを提供する専用路線を就航させると発表した。(資料写真:春秋航空は女性CAの制服をメイド服に。)

  同便は上海虹橋空港から離陸する国内便の一部が対象で、該当の便では女性CAは制服をメイド服に、男性CAは英国式の執事の服装に換えるという。このニュースは発表されるや否や、大きな論争を呼んでいる。

日本国内線でも制服をメイド服にしたら面白いかも…(^ ^;