香港、3HKのプリペイドSIM(nanoSIM)をSIMフリーのiPhone 5sで使う

スポンサーリンク

香港の通信事業者『3』(以下、3HK)のデータ通信専用のプリペイドSIM(LTE対応)をSIMフリーのiPhone 5sで使用してみた。

■購入した3HKのSIMカードのパッケージ
購入した3のSIMカード

今回購入した3HKのnanoSIMは『4G LTE Data SIM』という商品名で、3HKのWebサイトでも紹介されている。

4G LTE Data Prepaid SIM

SIMカードは3HKの販売店にて購入が可能。販売価格はHKD 198(約2,600円)と、香港で入手可能なSIMカードとしてはかなり高い部類にはなる。

3HKのnanoSIMは、発売開始から日が浅いためか深水埗などのSIM屋台では販売されていなかったので、3HKのショップでSIMカードを購入する必要があった。

SIMカードの購入にあたってパスポートなどの提示は不要。
3HKのnanoSIMは、香港で購入可能なその他のプリペイドSIMカードと同様に、

・アクティベーション不要で利用可能
・データ通信は1日あたりHKD 33の定額が自動適用(1MBあたりHKD 2)

となっているので『特に意識しなくても使い過ぎることがない』というあたり、細かなことを気にせずに安心して使うことができるのが嬉しいところ。
※なお、iPhone 5sではAPN設定も不要でインターネットに接続された。

その他のサービス仕様は以下。

有効期限:アクティベーション(利用開始)後 180日間
管理費:HKD 2.5/30日間

[データ通信パッケージ]
10日間:HKD 63/500MB
30日間:HKD 50/300MB
30日間:HKD 178/1.5GB

■SIMフリーのiPhone 5sで使用
SIMフリーのiPhone 5sで使用

■SIM形状はnanoSIM専用
SIM形状はnanoSIM

■SIMカードiPhone 5sに挿入
SIMカードをiPhone 5sに挿入

SIMカードをiPhone 5sに挿入すると、アクティベーションなど不要ですぐにLTEに接続される。
3HKのnanoSIMを使うのは初めてだったけれど、あまりにもあっさりと使えてしまったので何だか拍子抜け(^ ^;
※もちろん、トラブル無く使えること自体は歓迎すべきことであはるけれど…。

■あっさりとLTEに接続される
あっさりとLTEに接続される

テザリングも利用可能だった。

■テザリングも利用可能
テザリングも利用可能

■スピードテストでは下り/上り共に10Mbps超え
スピードテストでは下り/上り共に10Mbps超え

宿泊したホテルの室内にて行ったスピードテストでは下り/上り共に10Mbps超え。
iPhone 5sで使う分には特に不都合無く、通信速度は必要十分に快適だった。

今回購入した3HKのプリペイドSIMは、最初から『nanoSIM』として販売されているため、iPhone 5などのnanoSIM対応機種で安心して利用できる…とは言え、販売価格が割高である点や、音声通話に非対応となっている点などを考慮すると『どうしてもnanoSIMが必要』という方以外にはオススメしにくい(^ ^;
※深水埗あたりのSIM屋台ではnanoSIMが販売されていなくてもその場でSIMカッターを使ってnanoSIM
にカットしてもらえるので…。

なお、ここで紹介している3HKのプリペイドSIM買物隊にて販売されている。
[3HK] 4G LTE (Nano-SIM) Data プリペイドSIM