成田空港 第3ターミナル開業でLCC利用時の成田空港が遠く、高くなる

成田空港第3ターミナルの開業に合わせて、東京駅 〜 成田空港を結ぶ格安バス『THEアクセス成田』がダイヤを改正することを発表。

「THEアクセス成田」による東京駅(八重洲南口)から成田空港第3ターミナルへの所要時間は、日中時間帯で約80分となることが発表された。

「THEアクセス成田」の時刻表は以下にて。
HOME | ジェイアールバス関東

■THEアクセス成田時刻表(4月8日以降)
HOME ジェイアールバス関東

4月7日までの時刻表では、東京駅の次に停車する「成田空港第2ターミナル(2番)」までの所要時間は約65分となっている。

■THEアクセス成田時刻表(4月7日まで)
HOME ジェイアールバス関東

このため、第2ターミナルから第3ターミナルへ移転するLCCのフライトを利用するために、銀座駅・東京駅から「THEアクセス成田」のバスで移動することを仮定すると、空港ターミナルへの所要時間が従来比で最長15分/片道長くなる。(時刻表ベースで)

成田空港第3ターミナルを利用するLCCは以下。

■成田空港第3ターミナルを利用するLCC
ジェットスター(国際線・国内線)
バニラエア(国際線・国内線)
春秋航空日本(国内線)
チェジュ航空(国際線)

上記の4社は全て、成田空港の第3ターミナルへの移転前は第2ターミナルを利用する航空会社となっているため、THEアクセス成田で東京駅から移動する場合の所要時間は、前述の通り片道15分長くなる計算。

東京駅 → 成田空港のアクセスだけでなく、逆方面(成田空港 → 東京駅)についても、第3ターミナルの開業に伴って停車するバス停が増加する分、所要時間が同様に延長される。

■成田空港 → 東京駅・銀座駅方面(4月8日以降)
HOME ジェイアールバス関東

4月8日以降は、第3ターミナルから東京駅までの所要時間は1時間40分(100分)
※日中時間帯は、平均すると1時間25分(85分)程度が所要時間となっている。

■成田空港 → 東京駅・銀座駅方面(4月7日まで)
HOME ジェイアールバス関東

4月7日までは、第2ターミナル(2番)から東京駅までの所要時間は1時間25分 〜 35分に設定されている。
※日中時間帯は、平均すると1時間15分(75分)程度が所要時間となっている。

時間帯によって多少差異はあるものの、東京駅・銀座駅からのバスで成田空港第3ターミナルへアクセスするための所要時間は最大で往復30分ほど伸びる計算となり、LCCのための第3ターミナルがオープンしたことによって、東京駅からバスで移動する場合の所要時間は従来と比べて長くなった。というのは皮肉を感じるところ。

東京駅から成田空港第3ターミナルへアクセスするバスの所要時間を仮に80分とすると、かなり「遠い」という印象のある茨城空港までの所要時間(100分)との差は20分に縮まる。東京駅 → 茨城空港のバスは茨城空港のフライトを利用する場合は片道500円に設定されており、THEアクセス成田と比べて半額の運賃で空港にアクセスができる。

■東京駅 → 茨城空港のバスは所要時間100分
東京方面 茨城空港
掲載元:東京方面 | 茨城空港

なお、上り方面(茨城空港 → 東京駅)の所要時間は150分となっており、空港 → 東京駅については茨城空港はかなり遠い。(時間的に)

■茨城空港 → 東京駅のバスは所要時間150分
東京方面 茨城空港

成田空港第3ターミナルは、第2ターミナルから見て北西の方向にあるため、東京駅からのバスで移動することを考えると地理的には最も近いターミナルでありながら、THEアクセス成田が第2ターミナル → 第1ターミナル → 第3ターミナルの順番で停車することによって、従来比で所要時間が延びてしまうのは残念。
※第3ターミナルに直行する深夜便については除外して考える。

成田空港では、4月8日の第3ターミナル開業にあわせて、第1・第2ターミナルを含めて、国内線でも「空港使用料(厳密には旅客サービス施設使用料と旅客保安サービス料)が発生。国内線では片道380円 〜 440円の負担が必要となり、第3ターミナル開業前と比べて航空運賃以外の負担が増える形となる。
関連エントリ:LCC国内線、支払手数料 + 空港使用料の合計金額は1年間で最大4.4倍に値上げ – 「低価格」のメリットが薄れる | shimajiro@mobiler

成田空港の空港使用料の設定や、LCC各社の支払手数料の値上げによる搭乗者負担の増加、東京駅からのバスでの所要時間の長時間化などなどは、これらを理由に成田発着のLCCの利用が疎遠される可能性が高いとは思わないものの、個人的には以前(約1年前)と比べて成田発着のLCCの魅力がかなり薄れてきたように思う。
※いちおう、成田空港第3ターミナルの国際線については、空港使用料が従来よりも安くなるというメリットがある。という点はご紹介しておく。