ジェットスター:国内線の座席指定料や「ちゃっかりPlus」オプションを値上げ

ジェットスター・ジャパンは、日本国内線の座席指定料金や、エコノミークラスの「ちゃっかりPlus」料金を値上げすることを発表。各種料金の変更は2016年1月6日(水)以降の購入分より有効となる。

ジェットスター・ジャパンのお知らせ(PDF)は以下より。

ジェットスター・ジャパン、Starter Plus 運賃および座席指定料金改定のお知らせ

ジェットスター・ジャパン株式会社(本社:千葉県成田市、代表取締役会長:片岡優)は、現行のStarter Plus運賃および座席指定料金における価格体系の見直しを行い、2016年1月6日(水)以降のご購入分より各価格を以下の通り改定いたします。

■「ちゃっかりPlus」オプション価格
通常期:1,350円 → 1,450円
繁忙期:1,350円 → 1,650円

■座席指定料金(繁忙期)
ジェットスター・ジャパン:座席指定料金

座席指定料金はシートや購入方法に関わらず、一律で200円の値上げ。値上げは国内線の繁忙期が対象。

値上げの対象となった繁忙期に関しては、そもそもLCCであっても航空券代がそれほど安く無いことが多いので、座席指定料金の値上げはLCCを利用する最大のメリットである「価格の安さ」の減少に繋がるのは残念なところ。

ANA・JALなど大手航空会社では無料で提供されている、受託手荷物や座席指定料などの各種オプション料金の合計金額は以下の計算となる。(値上げ後の料金で計算)

受託手荷物(20kg):1,130円 (オンライン事前予約の場合)
座席指定料金:460円 (スタンダードシート)
支払手数料:430円 (クレジットカードの場合)
———————————
合計金額:2,020円/片道
掲載元:日本国内線 料金および手数料一覧 (2016年1月6日-2016年3月26日)

受託手荷物(20kg)を預けた上で座席指定をする場合、航空券価格以外に約2,000円の料金が必要となるため、航空券価格が安くてもトータルでの支払金額が高くなる点は、LCC利用時に注意が必要なポイント。

ジェットスター・ジャパンは、各種オプション料金(座席指定料や支払手数料)を就航して以来一貫して値上げを続けており、以前と比べると航空運賃以外の利用者負担が大きくなっているのは残念。