LCC国際線のセール価格に空港使用料&燃油サーチャージが含まれるか?のまとめ

国際線に就航しているLCC各社のキャンペーン料金に空港使用料や燃油サーチャージが含まれるかどうかのまとめ。

結論から言えば、日本に就航しているLCCの大多数は、広告表示されるキャンペーン運賃に空港使用料&燃油サーチャージが含まれておらず、これらの料金を別途支払する必要がある。

ただし、2016年1月時点では大半のLCCで「燃油サーチャージが不要」となっているため、基本的には「キャンペーン運賃 + 空港使用料」に支払手数料や各種有料オプション(座席指定や預入荷物)を加えた金額が支払総額となる。
※下記表の通り、ジェットスター・ジャパンや春秋航空については燃油サーチャージが別途必要などの例外はある。

LCCのキャンペーン運賃に空港使用料&燃油サーチャージが含まれるかのまとめ

航空会社 拠点 空港使用料 燃油サーチャージ
Peach 日本 別途必要 不要
バニラエア 日本 別途必要 不要
ジェットスター 日本 別途必要 別途必要
エアアジアX マレーシア コミコミ 不要
セブ・パシフィック航空 フィリピン コミコミ 不要
春秋航空 中国 別途必要 別途必要
Scoot シンガポール 別途必要 不要
タイガーエア台湾 台湾 別途必要 不要
Vエア 台湾 別途必要 不要
香港エクスプレス 香港 別途必要 不要

※ジェットスターは2016年4月1日以降の搭乗分で燃油サーチャージが無料
※各社のWebサイトを日本語表記した場合について記載。
※各社の日本発着路線について記載。

例外として、マレーシアを拠点とするエアアジアや、フィリピンのセブ・パシフィック航空についてはキャンペーン時の運賃に空港使用料が込みになっているので、キャンペーン価格として掲載される運賃以外に必要な費用が少なくなる。

エアアジアのキャンペーン価格の例は以下。

■エアアジア:日本 → 東南アジアが14,900円の広告
エアアジア:東京・大阪・札幌から東南アジアが14,900円の広告

■新千歳 → クアラルンプール:空港使用料がコミで14,900円
エアアジアは空港使用料込み

燃油サーチャージが設定されていることが多い大手航空会社と比べると、LCC各社の場合は「航空運賃と支払総額の違い」はそれほど大きくはならず、基本的にはキャンペーン運賃に空港使用料(と各種有料オプション)を合計した金額が総支払額になる。

そんなわけで、多少乱暴にまとめるとキャンペーン運賃が安くても支払総額がそれほど安くならない(運賃以外に必要な金額が大きい)のがジェットスターおよび春秋航空で、キャンペーン運賃が支払総額とほぼ同額になる(有料オプションを無視する)のが、エアアジアXとセブ・パシフィック航空ということになる。