大韓航空、航空券購入後に連絡なしで搭乗しない場合は罰金 日本発韓国線で6,000円など

スポンサーリンク

韓国の大韓航空は、航空券を予約後に変更・または取消などの連絡なしに搭乗しない場合(いわゆる「ノーショー」)、ペナルティとして追加料金や追加マイルが必要となることを発表。

2016年10月1日以降に発券された航空券が対象。追加で徴収される料金は、日本発韓国などの短距離路線で6,000円、東南アジア路線など中距離路線で10,000円、北米・ヨーロッパなど長距離路線で15,000円。

大韓航空のお知らせは以下にて。

ノーショー(No-Show)ペナルティ制度導入のお知らせ(2016年10月1日) – Korean Air

大韓航空では2016年10月1日(発券日基準)より、事前にご予約の変更またはお取り消しのご連絡がなく、ご予約便に搭乗いただかなかった場合、ペナルティーチャージがかかるノーショー(No-Show)ペナルティ制度の運用を開始いたします。予約いただきました航空便をご利用されない場合は、事前にご予約の変更あるいはお取り消しを必ずお済ませいただくようにお願いいたします。

■適用開始日
2016年10月1日以降に発券された航空券

■対象となる航空券
大韓航空で発行された有償航空券または特典航空券

■手数料の詳細
[長距離]
米州/ ヨーロッパ/ 中東/ オセアニア/ アフリカ
15,000円または12,000マイル

[中距離]
東南アジア/南西アジア
10,000円または7,000マイル

[短距離]
韓国/ 日本/ 中国/ 香港/ 台北/ ウランバートル/ ウラジオストク/ イルクーツク
6,000 JPYまたは5,000マイル

2016年8月27日時点で、大韓航空と同様にノーショーによるペナルティを課している国内の航空会社は無いものの、今後はノーショーに対してペナルティを発生させる航空会社が増えてきてもおかしくは無いので、予約済みの航空券に搭乗できないケースでは、航空会社(あるいは旅行会社など)に連絡を行った方がベター。

大韓航空のWebサイトは以下にて。
Home – Korean Air