「YI」のアクションカメラとホームカメラがAmazon.co.jpで購入可能 – ソフトバンクグループが正規代理店に

スポンサーリンク

ソフトバンク コマース&サービス株式会社は、中国「小米」の関連会社「YI Technology」製のアクションカメラ「YI Action Camera」および、ホームカメラ「YI Home Camera」をAmazon.co.jpにて1月27日より発売することを発表、予約受付を行っている。販売価格はYI Action Cameraが税込12,800円、YI Home Cameraが税込5,980円。

ソフトバンク コマース&サービスのプレスリリースは以下にて。

ソフトバンク コマース&サービス、中国「YI Technology」の輸入総代理店としてアクションカメラとホームカメラを発売

ソフトバンク コマース&サービス株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長 兼 CEO:溝口 泰雄)は、ハイテク分野での革新的なカメラ製品をグローバルに展開し、優れた研究開発力により、低価格かつ高品質なカメラ製品に定評がある「YI Technology(イー テクノロジー)」の日本国内の輸入総代理店として、小型ながら高画質な動画と静止画が撮影できるアクションカメラ「YI Action Camera」と、スマートフォンなどで外出先から自宅の様子が確認できる高画質で多機能なホームカメラ「YI Home Camera」を、2017年1月27日からAmazon.co.jpで販売し、本日より予約の受け付けを開始します。

■YI Action Camera主要スペック
動画解像度:1080p 60fps / 720p 120fps / 480p 240fps
写真解像度:16MP
視野角:155°
連続撮影時間:1時間30分
接続方式:1時間30分
接続方式:Wi-Fi、Bluetooth
入出力:micro USB、micro HDMI、micro SD
サイズ:(W)60mm * (H)42mm * (D)21mm
重さ:約72g
販売価格:12,800円(税込)

YI Home Cameraは本体のマイクとスピーカーを使って、外出先と自宅の間で会話をすることもできる。また、動きを検出して自動録画を開始、スマートフォンに通知を送信にも対応。赤外線センサーを搭載しているため、暗い室内での暗視機能も備えている。

YI Home Cameraは台湾にて購入、海外宿泊中に防犯カメラ的に利用したことがあるけれど、動きを検出しての自動録画・スマートフォンへの通知機能や、真っ暗にした室内でも必要十分な画像が得られるなど、(個人的に)期待していたよりも遙かに機能的で便利な製品。

海外価格と比べれば割高な価格設定にはなっているけれど、それでもコストパフォーマンスは十分に高いように思う。

YI Action Cameraの販売ページは以下にて。

Xiaoyi YI アクションカメラ Black 【日本正規代理店品】 88025 Xiaoyi YI アクションカメラ Black 【日本正規代理店品】 88025

Xiaoyi 2017-01-27
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る by G-Tools

■YI Home Camera 主要スペック
動画解像度:1,280 * 720p HD
視野角:111°
サイズ:(W)32.1mm * (H)114.4mm * (D) 80.0mm
重量:約134g
販売価格:5,980円(税込)

YI Home Cameraの販売ページは以下にて。

Xiaoyi YI ホームカメラ 720 White 【日本正規代理店品】 87018 Xiaoyi YI ホームカメラ 720 White 【日本正規代理店品】 87018

Xiaoyi 2017-01-27
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る by G-Tools

ソフトバンク コマース&サービス株式会社が販売するYI Action CameraおよびYI Home Cameraは、台湾や香港の小米之家でも購入が可能。ただし、海外の小米之家で販売されているモデルが国内での利用に必要な各種認証を取得しているのかは不明。

ちなみに、台湾でのYI Home Cameraの販売価格はNT$ 999(約 3,600円)
小蟻智慧攝影機 – 小米台灣官網

■小米之家で販売されるYI Home Camera
小米之家で販売されるYI Home Camera