ChargeSPOTが料金体系を変更、レンタル期間が最大7日間に延長

スポンサーリンク

モバイルバッテリーのシェアリングサービス「ChargeSPOT」は、2019年12月3日から料金体系を変更する。

従来はレンタル可能期間が48時間(2日間)までで、48時間を超えたレンタルは「買い取り」の扱いとなっていたところ、レンタル可能期間を168時間(7日間)まで延長する。

■ChargeSPOT料金体系の変更
ChargeSPOT料金体系の変更

料金体系の変更後も、48時間までのレンタル料金や、レンタル期間が7日を超えて「買い取り」扱いになった際に支払いする最大料金は変更されない。また、24時間(1日)あたりのレンタル料金は税別150円。

ChargeSPOTは、東京都内の一部ドコモショップ、ローソン、ファミリーマートなどにスタンドが設置されており、これらのバッテリースタンドが設置されている店舗で自由にレンタル・返却が行える。

ChargeSPOTの初回利用時に使える48時間分のクーポンは以下URLより取得可能。

ChargeSPOTの48時間無料クーポン(税別300円)は以下にて。
初回利用無料クーポン – ChargeSPOT(チャージスポット)