【Peach】国際線は6月末まで全便運休、9月末までの振替or払戻で対応

スポンサーリンク

関空を本拠地とするLCC、Peachは新型コロナウイルス感染拡大に伴う需要減少のため、国内線・国際線を多数運休する。

Peachの運休・減便に関する情報は以下にて。

新型コロナウイルスの感染拡大に伴う一部の運航便の運休および減便について | Peach Aviation

新型コロナウイルスの感染拡大に伴う需要の減少に鑑み、一部運航便の一部期間において運休および減便することを決定し、路便計画の変更を国土交通省に申請いたしました。

ご予約をいただいておりますお客様には多大なご迷惑をお掛けしますことを深くお詫び申し上げます。
運休便に関わるご予約につきましては払い戻しまたは他のPeach便への振替をいたします。
払い戻し・振替に手数料はかかりません。

予約確認・変更の受付は以下にて。
Peach – Peach Aviation

欠航対象となる国際線のフライトをいくつか予約しているものの、Peachからのメールでの通知などは特に行われていない。

国際線は2020年9月末までの振替または払戻の対応を受付中。通常であれば、9月末までのタイミングで振替を選ぶけれど、渡航先の外国人旅客受入が正常化するのかは不明で「変更したけど入国できなかった」というパターンがあり得るので悩ましいところ。

■予約していたフライトが欠航
予約していたフライトが欠航

実際にPeachのWebサイト上で手続きを試してみたところ、2020年10月以降に振替を設定しても、手数料が無料になるケースがあったので、希望の日程がある場合にはWebサイトで変更手続きを試してみることをオススメ。

■10月以降でも手数料無料に?
10月以降でも手数料無料に?