Scoot、7月に高雄 〜 大阪、高雄 〜 シンガポールに就航か

スポンサーリンク

シンガポールを拠点とするLCC「Scoot」(スクート)は、2015年7月9日より台湾の高雄 〜 大阪、高雄 〜 シンガポールを開設する方針であると報道されている。

酷航殺進高雄 廉航戰場南移 – 中時電子報

廉價航空戰局南移,新加坡航空旗下酷航(Scoot)7月將開闢高雄─大阪、高雄─新加坡兩條新航線,除讓從高雄出發的廉航航點增至6處,加上首度以中型的「夢幻客機」波音787客機直飛,為航空市場投下震撼彈。

Scootは2012年よりシンガポール 〜 東京(台北経由)を開設しており、シンガポール 〜 大阪(高雄経由)を開設すると、日本路線では2路線目となる。

大阪 〜 高雄間のLCCとしては、Peachが2014年1月より就航しているほか、成田 〜 高雄間にはバニラエアが2015年2月より就航しており、LCCによる日本 〜 高雄の就航が相次いでいる。

報道されているScootの高雄 〜 大阪便については正式発表されたものではないけれど、ScootのCEOに対する直近のインタビューにて、2015年には成田 〜 シンガポール(台北便)に加えて、もう2便路線が増える予定とされている。
※具体的な就航都市については言及されていない。

大手航空会社の傘下でないと難しい?:LCCのビジネスモデルとは――Scoot CEOインタビュー (1/3) – ITmedia ビジネスオンライン

日本へは現在シンガポール-台北-成田便が1日1便飛んでおり、2015年はもう2便、日本路線が増える予定となっている(大阪と名古屋だと見られる)。