JR北海道、新千歳空港から道北エリアが乗り放題の「きた北海道フリーパス」発売、バニラエア・Peach利用者限定、有効期間4日間で12,500円

JR北海道は、新千歳空港駅から道北エリア(稚内など)の特急列車を含む列車の自由席が乗り放題になる「きた北海道フリーパス」を2017年4月29日より発売中。

「きた北海道フリーパス」の有効期間は4日間、販売価格はおとなが12,500円、こどもが6,250円/1人。Peachおよびバニラエアの新千歳空港到着便の利用者限定で利用可能。

■「きた北海道フリーパス」フリーエリア
「きた北海道フリーパス」フリーエリア

「きた北海道フリーパス」の紹介ページは以下にて。
Peach きた北海道フリーパス|JRで行く きた北海道 TOP|GOTTON JR北海道

きた北海道フリーパス:概要

販売期間:2017年4月29日〜9月30日
利用期間:2017年4月29日〜10月3日
発売場所:JR新千歳空港駅
有効期間:4日間
販売価格:大人12,500円/子ども 6,250円
購入条件:Peachまたはバニラエアの新千歳空港到着便の搭乗券を当日中にみどりの窓口で提示する
主要エリア:新千歳空港、札幌、小樽、富良野、美瑛、旭川、留萌、稚内

「きた北海道フリーパス」はPeachおよびバニラエアの新千歳空港到着便の利用者のみ利用可能となっており、フリーパスの内容はPeachおよびバニラエアで差は無い。

なお、類似のフリーパスとして、新千歳空港から根室方面など道東方面の列車が乗り放題となる「ひがし北海道フリーパス」も販売されている。「ひがし北海道フリーパス」の販売期間および設定期間は「きた北海道フリーパス」と同じ。有効期間は5日間で、販売価格は大人15,500円、子ども 7,750円。

■「ひがし北海道フリーパス」フリーエリア
「ひがし北海道フリーパス」フリーエリア

JR北海道、バニラエア&Peachとタイアップし「ひがし北海道フリーパス」を5日間15,500円で発売!新千歳空港・札幌・旭川・帯広・根室・網走などが対象
JR北海道は、Peach・バニラエアとタイアップし「ひがし北海道フリーパス」を2017年1月16日(月)より発売。ひがし北海道フリーパスの有効期間は5日間、発売額は15,500円で、新千歳空港・札幌・夕張・帯広・釧路・根室・網走・旭川などがフリーエリアに含まれている。 発売は新...