シェアサイクル「Charichari」7月中旬に名古屋で提供開始

スポンサーリンク

neuetは、シェアサイクルサービス「Charichari(チャリチャリ)」を2020年7月中旬より名古屋市内で提供開始する。名古屋市内では、200台の自転車を投入してサービスを提供する。

■名古屋市内で「Charichari」提供へ
名古屋市内で「Charichari」提供へ

Charichariは、福岡市内で「メルチャリ」サービスから名称を変えて提供しており、2020年5月末時点で福岡市内のポート数は約280か所、自転車台数は1,200台以上。1日の利用回数は約6,000回、月間利用回数は約17万回以上。

■Charichari利用回数(福岡市実績)
Charichari利用回数(福岡市実績)

名古屋市内の「Charichari」は、サービス開始1年後には自転車台数800台、ポート120か所、月間利用回数10万件を目標としている。

CharichariのWebサイトは以下にて。
チャリチャリ

名古屋市内では、ドコモ・バイクシェア系の「カリテコバイク」や、「でらチャリ」などのシェアサイクルが提供中。