タクシー配車「GO」、後部座席のタブレットで「GOアプリ決済」対応、対応車両は17都道府県で5万台

スポンサーリンク

Mobility Technologiesが提供するタクシー配車アプリ「GO」は、2021年2月2日から「GO」展開エリアのタクシーの後部座席に搭載されるタブレット「JapanTaxiタブレット」を使った車内決済に対応する。

同様の機能は「JapanTaxi」アプリと「JapanTaxiタブレット」搭載車両で利用できたが、「MOV」をベースとする「GO」では2021年2月2日から対応となる。対応するタクシーは同日時点で全国17都道府県の約50,000台。

Mobility Technologiesのプレスリリースは以下にて。

全国17都道府県・約5万台の後部座席タブレットで『GOアプリ決済』が利用可能に より安心な非接触決済で公共交通タクシーをサポート| 株式会社Mobility Technologies

これまで『JapanTaxiタブレット』は、各種決済と『JapanTaxi Wallet』に対応していましたが、この度の連携により、『GO』展開エリアでは、『JapanTaxiタブレット』で『GOアプリ決済』を使用することができるようになります。
『GOアプリ決済』は、道や乗り場からのご乗車時など、アプリからの配車注文ではない場合にも、『GO』アプリ上での決済手続きを乗車中に完了させることができる機能です。降車時にアプリ上で支払いが完了するため、乗務員との支払いや領収書のやりとりなく、目的地到着後すぐに降車することができます。

■対応アプリ
タクシーアプリ「GO」

■対応日時
2021年2月2日から

■サービス名称
「GOアプリ決済」

■対応車両(タクシー)
17都道府県で約50,000台

■「JapanTaxiタブレット」が「GOアプリ決済」に対応
「JapanTaxiタブレット」が「GOアプリ決済」に対応
「JapanTaxiタブレット」が「GOアプリ決済」に対応

「GO」で使える2,000円(1,000円×2)クーポン取得方法

■「GO」で使える2,000円クーポンの取得方法
(1)アプリをダウンロードする
(2)クーポンコード「mf-34cgvm」を入力する
(3)アプリ決済でタクシー配車時にクーポン割引が利用可能
※2,000円(1,000円分×2回)クーポン以外に、500円分のクーポンが取得可能

「GO」アプリのダウンロードは以下にて。
※JapanTaxiまたはMOVをダウンロード済みでも新規ダウンロードが必要になる。

Android向けの「GO」ダウンロードは以下にて。

GO タクシーが呼べるアプリ 旧MOV × JapanTaxi – Google Play のアプリ

iOS(iPhone)向けの「GO」ダウンロードは以下にて。

「GO タクシーが呼べるアプリ 旧MOV×JapanTaxi」をApp Storeで