ドコモ版「AQUOS R7」は本体価格198,000円、端末返却で負担額114,840円から

スポンサーリンク

ドコモは、2022年7月下旬以降に発売予定の「AQUOS R7」の本体価格を発表した。直営オンラインストア「ドコモオンラインショップ」では、本体代金が198,000円(4,125円×48回)。

分割支払と端末返却で適用される、いつでもカエドキプログラムを適用した際の実質負担額は114,840円から。

「AQUOS R7 SH-52C」のドコモオンラインショップでの販売ページは以下にて。

AQUOS R7 SH-52C – ドコモオンラインショップ

なお、前モデルの「AQUOS R6 SH-51B」は本体価格115,632円、スマホおかえしプログラム適用時の実質負担額は77,088円から。

R7と比較して本体価格は約82,000円、端末返却プログラムを適用時の実質負担額は約37,000円ほど割安。

「AQUOS R6 SH-51B」(前モデル)のドコモオンラインショップでの販売ページは以下にて。

AQUOS R6 SH-51B – ドコモオンラインショップ