名古屋の「カリテコバイク」がID連携に対応、他エリア会員は最大料金(割引)適用不可

スポンサーリンク

名鉄協商が名古屋市内などで提供するシェアサイクル「カリテコバイク」が、東京・大阪・札幌などのドコモ・バイクシェア系シェアサイクルを使うサービスのIDでレンタルする、いわゆるID連携(ドコモ・バイクシェア)に2020年8月から対応した。

■名古屋の「カリテコバイク」がID連携に対応
「カリテコバイク」がID連携に対応

これにより、普段は東京都内で「ちよくる」などのシェアサイクルを利用しており、出張時に名古屋で「カリテコバイク」をレンタルする場合、普段使っているアカウントのまま、名古屋で「カリテコバイク」の自転車をレンタルできる。
→ICカードでレンタルを行っている場合、普段通りにICカードを「カリテコバイク」にかざせば、普段通りにレンタル手続きが完了する。

ただし、この際の利用料金は、普段シェアサイクルを利用するエリアで月額会員登録しているかどうかに関わらず、ローミング扱いとなるカリテコバイクでは「1回会員」として取扱される。また、「カリテコバイク」が現地の会員向けに設定する、日中および夜間の最大料金が適用されない。よって、単純に30分ごとに165円の基本料金に加えて、30分ごとに110円の延長料金が発生し続ける。(他エリアの会員向けの料金が著しく割高という意味ではない。)

■カリテコバイク:他エリアのIDで利用時は最大料金(割引)が適用されず
カリテコバイク:他エリアのIDで利用時は最大料金(割引)が適用されず
掲載元:名古屋(名駅~栄)の街ブラ、観光、ビジネスに!名鉄協商シェアサイクル「カリテコバイク」

カリテコバイクのWebサイトは以下にて。
名古屋(名駅~栄)の街ブラ、観光、ビジネスに!名鉄協商シェアサイクル「カリテコバイク」