選ぶことすなわち選ばないこと

とにかく全てを自分で抱えようとした結果、思ったように消化できず、社内外に迷惑かけていたのですが、タスクの整理と振り分けによって徐々に改善されつつある。
体力的にも精神的にも会社的にも、そうすべきだったのに今まで出来なかったのが悔やまれる。

常に限られたりソースを最大限活用するためには、何をやるかと同じくらい、何をやらないかも大切だよなぁ。なんてことを思い知る。