EM・ONE ファームウェア1.02の裏側にある(かもしれない)もの

スポンサーリンク

ギリギリ朝日が昇らないくらいの時間まで仕事して、それから始発までの待ち時間を、フォーマットしたばかりのEM・ONEの再構築に費やす。

この作業を楽しいと思える自分は、やはりデジタリアンだなぁと感じつつ、
正直ちょっと面倒だなぁ。と思うあたりはフツーの人間だなぁと感じる。

PCにある、Norton Ghostのように、完全に環境を復元してくれるソフトはないのかな??あったら便利なのに。

で、

『ファームウェアバージョンアップによって発生する不具合修正はすぐには来ないだろう』

と読んだ僕を見事にあざ笑うかのように、昨日新しいファームウェアが発表された。

しかし、前回ファームウェアからの変更点は、

本体バージョンを「1.00及び1.01a」から「1.02a」にバージョンアップすると以下のように改善されます。
アラーム機能設定時(利用時)の本体動作の安定性を改善しました。
(補足)1.00から1.02aにバージョンアップすると、1.01aのバージョンアップ内容がすべて反映されます

と、かなり地味なものになっている。

これはきっと、1.01aで発生していた不具合を修正したけれど、オマケの機能追加として、アラームを濡れ衣にしたのか…。なんて疑ってしまう自分がいる。
(そう言えば、前回のファームウェアのバージョンアップで不具合が発生した事例については、公式のウェブサイト上では何も情報が無い気が…)

気がつくと新しいソフトが出てたり、バージョンアップしていたりと、WindowsMobileで出来る事は、実はあまり知られていないだけで、結構広いんじゃないかと感じている。感じてはいるのに実証するだけの時間が取れないのが悲しい…。