OperaMobileのコンテキストメニューをショートカットキーに割り当て

PCのOperaでは、検索結果から気になるサイトをバッググラウンドで開いておいて、読み込みが完了した頃に結果をチェックする。

なんていう、タブブラウザならではの活用方法が出来るんだけれど、W-ZERO3に搭載されているOperaMobileは、タブブラウザではあるものの、『バックグラウンドで開く』という機能が実装されていないので、これが出来ない。

通信速度が遅いPHS回線を有効活用するためには非常に大切な機能だと思うのだけれど…。

で、Operaのコンテキストメニュー(新しいタブで開くとかのメニュー)を開くには、デフォルトでは画面タップを長押しする必要があって、非常に使い勝手が悪い。
どうにかキーボード操作で出来ないものかと思って探していると、以下の情報を発見。

コンテキストメニューをアクションキー長押しで開く

やってるよー。
input.iniに
[Browser Widget]
Enter ctrl = Show link popup menu
こんな感じを追加して、SortInchKeyでは、
class=OpWindowの時だけAction長押しで
ctrl+enterを発行してる。

おれがハマったのは、class非指定時の長押し定義よりも
上にclass=OpWindowの長押しを書かねば有効に
ならなかった所かな。

input.iniを変更することによって可能になるようだ。
この例ではActionキー長押しを紹介しているけど、応用することでショートカットキーに割り当てる事も可能。

取り急ぎ数字キーに割り当てて試験運用を開始。
このヘンを簡単に設定できるツール無いのかなぁ。。。

Webブラウザの使い勝手って、スマートフォンにとってかなり重要だと思うので、この辺のTipsはおさえておきたい。