“199$PC”EeePCの日本向け提供が発表(でも199$では無い)

スポンサーリンク

ASUSTeK”、7型ノートPC「Eee PC」の国内販売を決定
~2008年2月上旬予定、OSはWindows XPを検討中(PC Watch)

7インチの液晶を搭載した格安のモバイルミニノートPC、『EeePC』の日本向け販売が発表された。
詳細スペックは見ていないけれど、以前から『日本向けに出ないかなー。』と思っていた製品だけに、日本向け発売が決まったのは嬉しい。

工人舎のミニノートとか、『ウルトラモバイルPC』と呼ばれるカテゴリの製品が登場してきたのは、『ケータイ世代』と呼ばれる層が出てくる中、『やっぱりPC世代』な僕にとっては大歓迎。

ウルトラモバイルPCは、スマートフォンユーザーともバッティングする部分も多いので、過当競争にならずに、各社競争共存のうえ、いい製品を出していって欲しいなぁ…。
『持ち運べるPC(もしくはその代替)』的なコンセプトの製品は、PalmだったりミニノートLibrettoだったりと、商業的には長く成功するのが難しいという歴史があるので。#個人的には両方とも大好きなのですが

しかし、”199$PC”なのに日本では約6万円って、どういう事?
日本市場ではこのくらいの値段でも十分売れるだろうって事なんでしょうか??
6万円でも十分に価格競争力はあるけれど、思い切って199$な日本向け仕様も提供して欲しいー

コメント

  1. しまじろ より:

    >>sunuken
    OSのライセンス料かぁ・・・。
    日本でもLinuxモデル出てほしいね。

  2. sunuken より:

    値段は多分Windowsを採用しちゃったからかな・・
    Linuxのほうが良かったから海外のを逆輸入するショップを探すかも。