GPSロガーと商品価値

10月末からの海外旅行に備えて、GPSロガーを購入した。

写真撮影した場所を記録するというのがメインの目的だったので、SO905iCSが海外でもGPSに対応してくれれば問題無かったのだけれど、SO905iCSのGPSは海外では利用できない事が解ったので、GPSロガーを探していた。

そこで購入したのが、SONYのGPS-CS1Kという商品。オークションで1万円を切る価格で購入できた。

SONY GPSユニット GPS-CS1K
SONY GPSユニット GPS-CS1K

posted with amazlet at 08.08.19
ソニー (2006-09-08)
売り上げランキング: 13964

本体の電源をONにすると自動的にGPSを探し始め、位置情報を記録してくれるいわゆるGPSロガー。

使い始めてからまだ日が浅いけれど、『受信感度が良くない』という決定的な弱点は如何ともし難い。という事に気づいた。

GoogleMapと連携して移動した軌跡を追う事も出来るけれど、基本的に感度がよろしくないと、瞬間移動したり正確な位置ではなかったりするので、あまり意味を成さない。

という事で、買ったばかりのGPS-CSK1をオークションで売りに出して、新しく高性能なGPSロガーでも買おうかなぁなんて考えている。
今まではあまりオークションを積極的に活用してこなかったので、今回のように『新しい商品が欲しい!』という時には、使わなくなった製品を眠らせている事が多かったが、オークションで売りさばく事によってあまり金銭的な負担を大きくする事無く商品を利用する事が出来る。

従来の買い物の『新品を購入してから廃棄するまで、価値を利用する』という事は実はあまり多くの商品で必須という事は無く、そこそこの価格で入手できるものを中古で入手して、不要になった売りさばく。という生活スタイルをとれば、年収300万円時代でもハッピーに過ごせるんじゃないかと思える。