Byline利用一日目のレビュー

スポンサーリンク

前々からmjh.さんのBlogを見て気になっていたiPhone/iPodtouch向けRSSリーダー、Bylineが値下げ&バージョンアップされていたので購入してみた。

ちなみに、無料アプリはいくつもインストールしたが、App Storeで有料のアプリケーションを購入したのは初めて。

mjh.さんによると、インストールにかなりの時間を要する戸のことだが、僕の環境ではダウンロード・インストール共に数秒で終わったので、これは旧バージョンがインストールされているかどうかが関係してくるのではないかと思う。

早速インストールを試みてみた。ダウンロードは他のアプリと同様に数秒で完了。ただし「インストール」にかなり時間を要した(5分以上)。以前のバージョンのByLineのインストールの有無などで影響を受けるのかもしれない。

起動後の画面でGoogleのアカウント名、パスワードを設定すると、自動的にGoogleReaderの情報を読み込みに行ってくれる。

■Byline画面
Bylineの概要機能は

・GoogleReaderのRSSリーダーに登録したフィードをキャッシュしてオフラインで閲覧する。(スターのみキャッシュ。などの設定可能)
・フィードにメモを記録する。
・フィードにスターを設定する。
・各フォルダ別のフィード閲覧
・未読のフィード数をホーム画面に表示する。

など。

昨日夜にインストールして、今日から利用開始。
夜のうちにアカウントの設定だけ済ませて、朝一で自宅の無線LANでニュース取得をした。
デフォルトの状態で驚くほどスピーディに取得してきてくれるのたので快適。

GoogleReaderが取得するフィードのDescriptionまで取得してきてくれるので、詳細を見なくても、一覧状態でサマリーの把握ができるのはストレスが無い。詳細を閲覧するには、一覧から各フィードをクリックすればok。オンラインのGoogleReaderではここで通信が発生するが、Bylineでは既に内容を取得済みなので通信が発生せず、スムーズに閲覧が可能。

ちなみに今朝のニュースは今朝未明から行われていたAppleの新Mac Bookに関するものが多かった。

ところが、
家を出てから通勤中にEMONSTER+WiFiRouterで試したところ、データの読み込みが異常に遅い気がするのは何か設定を変えたからだろうか???あるいは偶然、取得するデータ容量が多いからなのか。。。1つのエントリに対して何KBまで取得する。という設定ができると、サクサク動いて快適かもしれない。

家を出る前に無線LANで取得すれば良いのだけれど、出先で時間があいたからGoogleReaderでもチェックしよう。という時は不便(設定で回避できるのかもしれないが。)

というわけでByline使用一日目のファーストインプレッションでした。