iPodtouchの文字入力機会

スポンサーリンク

iPodtouchを使って文字を入力する機会がグンと減ってきた。

OSが2.1になってから、格段に速度面も早くなり(というか実用的な速度になった)、変換精度も良くなったわけだけれど、文字入力をする機会は限られている事に気づいた。

メールは見るけど、見るだけでほとんどiPodtouchで返信はしない。仕事関連であれば『こうやって対応しよう』とか、『こういう準備しなきゃな』と考えるフックの役割を果たすことが多い。
どうしてもすぐに必要なアクションは電話をして済ませることも多いので、やっぱりiPodtouchからメール返信はあまりしない。

Twitterの書き込みにいろんなソフトを試してみたけれど、ハードウェアキーのあるEMONSTERの方が(泣きたくなるくらい変換は頭が悪いが)入力は早い。

結論からいうと、SafariでのWeb閲覧の際の検索ワードと、Googleマップでの住所入力くらいしか文字を入力する用途がない。
多分、どちらも文字数にすると20文字も入力してないだろう。

というわけで、僕の中では文字入力はQWERTYキーがあるアドエスまたはEMONSTERで。WebやGoogleマップはiPodtouchで。というようにそれぞれの端末の使いやすさを活かした使いわけが進みつつある。