2009年6月の契約者数が発表

2009年6月の契約者数が各社より発表された。

6月の携帯・PHS契約数、ドコモがソフトバンクに迫る(ケータイWatch)

個人的に気になった点をいくつか。

  1. WILLCOMがPHS大幅純減。CORE 3Gは純増
  2. WILLCOMのPHSは-23,600と大幅な純減。これだけ大きな純減は、2008年2月の-29,500件以来で、『新つなぎ放題』が端末代込みで980円で利用できるキャンペーンを継続していながらこの数字という点を考慮すると、相当に厳しい結果と言える。

    一方で、『通信速度が遅い』という報告が数多く上がっているWILLCOM CORE 3Gに関しては、順調に純増しており31,700契約(+14,100)となっており、順調に契約者数が増えている模様。

    WILLCOM CORE 3Gの通信速度に関しては、専属プロバイダであるPRINのネットワークがボトルネックであり、7月中旬~下旬(?)には改善予定。
    と言うのが販売店の店員経由での情報だけど、これらに関する公式なアナウンスはされていない上、通常通り販売も続けられている状況。

    WILLCOM CORE 3Gは、8月末まで月額料金も無料のキャンペーン期間中なので、現時点で大きなクレームは無いかもしれないけれど、加入者を増やし続ける事でPRINの負荷は大きくなる一方なので、一時的な新規受け付けの停止あるいは、PRINの改善予定のアナウンスがあっても良いのになぁ。

    【WILLCOM STORE】WILLCOM CORE 3G(8月末まで完全無料キャンペーン中)

  3. 純増1位のSBMと2位のdocomoの差が僅差
  4. ■純増数
    SBM:+112,900件
    docomo:+112,400件

    6月も純増1位となったSBMと、2位のdocomoの差がわずか500件差という事で、かなりの僅差だった事が解る。
    SBMにとって、6月は注目度の高い『iPhone 3GS』の販売があったわけで、その点は有利だったハズだけれど、docomoの健闘ぶりがわかる結果。

    この結果を受けて、7月は純増1位を守りぬくために、iPhone 3GSの大幅な割引キャンペーンとか無いかな?とかこっそり期待している(^ ^)
    iPhone 3GSは発売されたばっかりなので無いかもだけど、既存の端末ならありえなくも無いかも。

  5. SBM『8円ケータイ』廃止地域の純増大幅減
  6. 純増1位を守りながらもdocomoに僅差に追い上げられたSBMに関して興味深いデータが一つ。

    それは、『基本使用料は月々割の対象外とする』という変更を行った中国、四国、九州(沖縄)にて純増数が大幅に減少しているという事。

    ■純増数の変化

    地方 2009年5月 009年6月 前月比純増数
    中国 2,300 100 -2,200
    四国 1,500 500 -1,000
    九州(沖縄含) 7,300 4,000 -3,300

    情報ソース:2009年6月純増数(今日の気分はバリいくつ?)

    これらの地域限定でテストを行った『基本使用料を割引の対象外とする』という施策は、7月から全国で実施?みたいな情報もあったんだけど、結局どうなったんだろう…?この結果を受け中止になったのかな?

    純増数が僅差の1位だった事もあって、SBMの7月の販売施策には注目。