各キャリアの通信制限内容まとめ

スポンサーリンク

意外にも(?)高トラフィックユーザの制限を実施していなかった、ソフトバンクが、12月より制限を実施すると発表(プレスリリース)があったので、各キャリアの通信制限の内容についてまとめてみた。

制限対象となる条件 制限内容
docomo 当日を含む、直近3日間のパケット通信が300万パケットを超えた場合 ネットワーク混雑時、速度低下の可能性がある
au 前々月のパケット通信量が300万パケットを超えた場合 21時~1時の間、対象ユーザの通信速度を制限
SoftBank ケータイ向け
前々月のパケット通信量が300万パケットを超えた場合
スマートフォン向け
前々月のパケット通信量が1,000万パケットを超えた場合
通信速度の制御をする可能性がある
イー・モバイル 前々月のパケット通信量が25.1億パケットを超えた場合 通信速度を1カ月間制御する
WILLCOM 特になし 特になし

制限条件、制限内容も各キャリア微妙に違うけれど、実際にどの程度の速度制限が行われるのか?という点も良く解らないので何とも言えない…。

それはそうとして、イー・モバイルはそう明言しているんだけど、au&SoftBankでも、制限対象になったユーザが制限を抜けるためには最低でも1ヵ月かかるんだろうか??(だとすると、ちょっと厳しい気もする)

資源を公平に利用してもらうため。という趣旨は理解できるものの、インフラの強化による改善という面も怠らないで頂きたいところ。