パケットパック10とパケ・ホーダイダブルの比較

スポンサーリンク

嫁のケータイ(docomo)のパケット割引サービスとして、今は新規受付を終了してしまった、『パケットパック10』という渋い(?)割引サービスに加入している。

最近、実はパケットパック10よりもパケ・ホーダイダブルの方がパケット単価が安い。という事に気づいたので、

『もしかしたらパケ・ホーダイダブルの方が安上がりかも?』

と思ってシミュレーションをしてみた。
結果、嫁の使い方だと、ほんの少しだけれどパケットパック10の方が安上がりという事がわかった(^ ^)

■計算条件
[パケットパック10]
パケット単価:0.105円(税込)
無料通信料:1,050円(税込)

[パケ・ホーダイダブル]
パケット単価:0.084円(税込)
無料通信料:390円(税込)

パケット通信量 (A)パケット
パック10適用
(B)パケ・ホーダイ
ダブル適用
A-B
2009年5月 29,866 2,086円 2,119円 -33円
2009年6月 19,972 1,047円 1,288円 -241円
2009年7月 25,744 1,653円 1,772円 -119円
2009年8月 18,619 905円 1,174円 -269円
2009年9月 29,342 2,031円 2,075円 -44円
2009年10月 18,644 908円 1,176円 -268円
平均 23,698 1,438円 1,601円 -162円
分岐点 31,450 2,252 2,252 0

平均して162円ほど、パケットパック10の方が安いという結果。

パケット通信量が大きくなると、パケット単価が安い『パケ・ホーダイダブル』の方が安くなるんだけれど、パケットパック10と比較した場合の分岐点は、31,450パケット以上ならパケ・ホーダイダブルの方が安い。という事がわかったのも今回の収穫(^ ^)

実際には、基本料金の無料適用とかも考えると、必ずしも上記の通りとは行かないんだけど、あくまでもパケット通信料金に関しての計算という事で。