東海道新幹線のトンネル内でdocomoの電波状況チェック

スポンサーリンク

前回の出張時に、『トンネル内でも電波が入る!』という事に気づいてエントリをあげたら、新幹線のトンネル内でのエリア状況について、貴重なコメントを頂いたので、せっかくだからどのぐらいのトンネルがエリア化されているのか?をチェックしてみた。

トンネル一つひとつの名前を知るわけもなく、寝オチしていた区間もあるようなので網羅してない可能性も多分にありますが、どこかで何かのお役に立てれば…。
※テスト中にTwitterで色々と情報頂いた皆様、ありがとうございました。

簡単にまとめると、今回計測した東海道新幹線の米原⇒東京間では、一部のトンネルを除いて、電波が圏外になるトンネルは無いという事。
『電波がつながるトンネルもある』程度に認識していたので、この結果はオドロキ。

■区間
東海道新幹線上り:米原⇒東京間

■計測方法
モバイルGoogleMapと目視でトンネルを確認し、トンネル通過中の電波状況を、端末上で表示される電波状況で確認する。
※トンネル移動中の音声通話やデータ通信などは未テスト。
あくまでも『電波状況』のみ確認。

■計測結果

[米原⇒名古屋]

北陸自動車道近くのトンネル
○:電波強

サン工業の北のトンネル(城山近く)
○:電波強

[名古屋⇒静岡]

デンソー西尾製作所近辺のトンネル
○:電波一時的に弱くなるも圏外にはならず

デンソー幸田製作所近辺のトンネル
×:圏外表示

三谷中学校北の短いトンネル

袋井近辺の短いトンネル

掛川工高近くの短いトンネル

堀之内小北の短いトンネル

菊川CC近くの短いトンネル

島田市近辺のトンネル(多数)

焼津駅北のトンネル
○:一時的に電波弱くなるも圏外にはならず

[静岡⇒新横浜]

東光寺付近
○:トンネルは長いけど、電波安定

その次のトンネル
○:トンネルは長いけど、電波安定

その次のトンネル
○:トンネルはかなり長いけど、圏外にはならず

三島東海病院近くのトンネル
○:一時的に電波は弱くなる

向工業南のトンネル
○:電波安定

函南近辺のトンネル
○:電波安定。かなり長い

その次のトンネル(熱海近辺)

熱海を超えた直後のトンネル

その次のトンネル

その次のトンネル

その次のトンネル(長いトンネル)
○:電波安定

湯河原の近辺のトンネル
○:ずっと圏内

[新横浜⇒品川]

新横浜出てすぐのトンネル