GREEが外部連携するプラットフォーム『GREE Connect(仮)』を構築

スポンサーリンク

SNSを展開するGREEが、外部Webサービスと連携できるプラットフォーム『GREE Connect(仮称』を構築すると発表している。

GREE、外部からも利用できるプラットフォーム構築へ(ケータイWatch)

以下,
GREEのプレスリリースから引用。

1 「GREE Connect(仮称)」の公開

「GREE Connect(仮称)」では、SNS「GREE」以外のWebサービス・アプリケーション・インターネット端末において、「GREE」のデータを活用した付加サービスの開発を可能に致します。機能の公開は2010年の春を予定しております。 また、技術仕様につきましては、決定次第公開していきます。

2 「GREE」のプラットフォーム戦略の推進

グリーは、「GREE Connect(仮称)」のリリースをきっかけとして、外部デべロッパーによる「GREE」上でのサービス構築を可能にする検討も含め、プラットフォーム戦略を検討・推進して参ります。今後の予定については、決定次第お知らせしていきます。

とりあえず対応を表明するのみで、詳細は後で発表。
に近い内容なんだけれど、そんな状況でも対応するって発表をせざるを得なかった理由があったのかもしれない。(株主から強く求められてたとか)

mixiアプリやモバゲーのオープン化に続いて、GREEも外部連携が可能なプラットフォームに対応する事になったのは、ある意味当然の流れかも。