F-04Bのおサイフケータイは分離状態での利用を推奨

購入を予定している(と、言いつついつまでも入手していない)F-04Bの、『おサイフケータイ機能』について、気になる記事が掲載されていたのでご紹介。

F-04Bのおサイフケータイは毎回分離してタッチだと!?(ねんざブログ)

F-04BのICカードはディスプレイユニット裏面に搭載されています。
おサイフケータイのマークを読み取り機にかざしたり、iC通信を利用したりする際には、ディスプレイユニットとキーユニットを分離した状態で行ってください。

むむむ。
おサイフケータイだったり、iC通信などのFelicaを使う機能については、『ディスプレイユニットとキーユニットを分離した状態』で行って下さい。の注意書き。

分離しない状態で標準運用を考えているので、これは面倒だ…。
とは言いつつ、合体したままでもタッチに成功した。とリンク先では紹介されているので、『分離しないと全くおサイフケータイが使えない』という事では無いらしい。

恐らくだけれども、モバイルSuicaの試験を通過する際に分離状態で通過させた。という事が理由なんじゃないかな…とか推測。
*モバイルSuicaの対応機種の判定はJR東日本が実施する試験に合格する必要があって、過去の端末だとFelica搭載ではあるのにモバイルSuica非対応端末もある。(Wikipedia)

駅改札を通過出来るか?については、以下のサイトで、より詳しいレポートが公開されている。

ドコモ F-04B その3 (Felica)(eDiho’s Me)

検証によると、分離状態のディスプレイユニット液晶面ではパスするが、なぜか合体状態では同じ面で NG となる。
その合体状態でも、その反対のキーユニット面では問題なくパスするようだ。

理屈はよくわからないが、今後予備バッテリとして持ち歩くことになりそうな キーユニット を接続した状態では、表裏に注意して利用する必要がありそう。

そうでないと殺人ラッシュ中、後ろの人に舌打ちをされることになる。

と言うわけで、改札を通る時に前の人がF-04Bユーザだったら注意。
じゃなくて、合体状態で改札を通過する場合は、端末の表裏に注意しましょう。との事。

コメント

  1. shimajiro より:

    >>姫さん
    ちょっと考えればわかる事ではあるんですが、見落としてました(-_-;)
    本体となる部分と、キー入力を司どる部分が別。の考えでいけば、当然ではあるんですけどね(^_^;)
    他にも、セパレートすることでこれまでの端末の概念では戸惑うこともあるかもですね。

  2. より:

    モックみただけで気づいたけど、あたしは…
    みんな、「すげ~」だけで
    重要なところみてないんだなって思った