『b-mobile SIM』がオンラインチャージに対応。継続プランも対応。

日本通信の提供する『b-mobile』がオンラインチャージ対応など。

日本通信、SIMカード「b-mobileSIM」に継続プラン登場(ケータイWatch)

■発表されたこと
・オンラインチャージ対応
・継続型プランに対応
・プリペイドの利用期間終了後も60日間はチャージ可能

との事で、さっそく料金比較をしてみた…。

■b-mobile SIM U300 (SIM有)

期間 1ヶ月 6ヶ月 12ヶ月
料金 2,980 14,900 29,800
1ヶ月当り 2,980 2,483 2,483

■更新パッケージ(自動継続有)

期間 1ヶ月 6ヶ月 12ヶ月
料金 2,980 14,900 29,800
1ヶ月当り 2,980 2,483 2,483

■更新パッケージ(自動継続なし)

期間 1ヶ月 6ヶ月 12ヶ月
料金 2,980 14,900 29,800
1ヶ月当り 2,980 2,483 2,483

と言うわけで結論(見ればわかるけれど)

b-mobile SIM U300は、SIM自体の有無、自動更新の有無に関わらず料金は同じ。
という事でお好きな方法で購入するのが宜しいかと。

日本通信 bモバイルSIM U300 6ヶ月(185日)使い放題パッケージ BM-U300-6MS 日本通信 bモバイルSIM U300 6ヶ月(185日)使い放題パッケージ BM-U300-6MS

日本通信 2010-04-16
売り上げランキング : 10120

Amazonで詳しく見る by G-Tools

続いて、3G + WiFiな『Doccica U300』

■Doccica U300

期間 10ヶ月
料金 32,800
1ヶ月当り 3,280

Doccica U300は少し値段が上がって、1ヶ月当り3,280円。

日本通信 bモバイル・ドッチーカU300 3G+WiFi 10ヶ月(300日)使い放題 BM-DCU300-10M 日本通信 bモバイル・ドッチーカU300 3G+WiFi 10ヶ月(300日)使い放題 BM-DCU300-10M

日本通信 2010-04-16
売り上げランキング : 10645

Amazonで詳しく見る by G-Tools

『b-mobile SIM U300』の6ヶ月以上の契約プランと比較すると、差額は797円。

という事でUSB端末『MF636』が不要の前提で考えた場合、FOMA契約者かつiモード契約者なら、『ISPセット割』が適用になる以下のような組み合わせで契約した方がお得。

iモード + mopera Uスタンダード – ISPセット割 + 公衆無線LANオプション
315円 + 525円 – 315円 + 315円 = 840円

普段iモードを利用している前提だと、+525円で公衆無線LANが使い放題になるので(^ ^;

まぁひとまずDoccica U300を契約してSIMロックフリーのデータ通信端末を入手した後、契約更新する際はb-mobile SIM U300と、FOMA + MZONEとか色々組み合わせは考えられるということで。