WILLCOMとイー・モバイルの契約者数逆転は2011年4月?

スポンサーリンク

5月の携帯電話契約者数が発表された。

5月の携帯・PHS契約数、2カ月連続でソフトバンク純増首位 – ケータイ Watch

ここで、WILLCOMとイー・モバイルの直近3ヶ月の純増数(純減数)平均を計算すると、以下の数字になる。

■直近3ヶ月(10年3月~5月)の純増数平均
WILLCOM:-76,000
イー・モバイル:+69,400

■このままのペースで推移した場合のシミュレーション

期間 WILLCOM
(PHS + 3G)
イー・モバイル
2010年5月 3,943,400 2,465,800
2010年6月 3,867,467 2,535,233
2010年7月 3,791,533 2,604,667
2010年8月 3,715,600 2,674,100
2010年9月 3,639,667 2,743,533
2010年10月 3,563,733 2,812,967
2010年11月 3,487,800 2,882,400
2010年12月 3,411,867 2,951,833
2011年1月 3,335,933 3,021,267
2011年2月 3,260,000 3,090,700
2011年3月 3,184,067 3,160,133
2011年4月 3,108,133 3,229,567

という事で、仮にこのままのペースで両社が純減・純増をした場合、2011年の4月にはWILLCOMとイー・モバイルの契約者数が逆転する計算になる。逆転する際の契約者数は320万前後。

同じような計算を、去年11月の時点でしたときは、

10月の携帯電話契約者数発表 | shimajiro@mobiler

両社の直近3ヵ月のペースでそれぞれ純増、純減が続くと、2011年8月には契約者数が逆転する計算になる。
#仮にWILLCOMは毎月43,000件の純減、イー・モバイルは76,000件の純増とした場合。

となっていたので、半年前に行ったシミュレーションより、4ヶ月逆転のタイミングが早まっている計算に。。。

あくまでも『このままの純増・純減が続いた場合』のシミュレーションではあるけれど、契約者数の逆転自体は、十分現実的なシナリオになってきた。