モバイルバッテリー8種類の比較

スポンサーリンク

毎月購入している雑誌『MONOQLO』の8月号で、『モバイルバッテリー比較特集』がされていた。
誌面で紹介されていたバッテリーのスペック等をまとめてみたので紹介。

■内蔵バッテリタイプ

メーカー SANYO SANYO SONY Energizer ケンジントン
品名 eneloop
mobile booster
KBC-L2AS
eneloop
mobile booster
KBC-L3AS
USB出力機能付ポータブル電源
CP-ALr
Energizer
XP4000C
Travel Battery Pack
and Charger for
iPhone 33456

実勢価格
(Amazon)
4,230 3,100 3,130 11,754 8,780
バッテリ 内蔵バッテリ 内蔵バッテリ 内蔵バッテリ 内蔵バッテリ 内蔵バッテリ
電池容量
単位:mAh
5,000 2,500 1,120 4,000 1,500
サイズ
(W * D * H)
単位:mm
62 * 22 * 70 70 * 22 * 39 USB 出力部
58 * 17.5 * 65
AC入力部
58 * 21.5 * 56
74 * 16 * 114 37 * 20 * 95.5
重量 約130g 約70g USB 出力部
約63g
AC入力部
約45g
約139g 約95g
出力端子 USB * 2 USB * 1 USB * 1 USB * 1
DC 8.4V-9.3V
iPhone用端子
出力時間 1端子:4時間
2端子:2時間
2時間 1時間 iPhonの動画再生:13時間 iPhoneの動画再生:7時間
充電時間
単位:時間
7時間(AC)
14時間(USB)
約7時間 約3時間 約4時間 不明

『eneloop mobile booster』の容量の大きい方『KBC-L2AS』を普段使っているけれど、スペック表を改めてみてみると、充電時間がACで7時間とかなり長い事に気付いた。

但し、実際の使い方としては、
『日中に使用して、夜寝る前に充電』

という使い方をすれば、7時間と言う充電時間もさほど問題にはならないと感じている。
同じく『eneloop mobile booster』シリーズの、『KBC-L3AS』は容量が小さいのと、充電がUSBだけなのがネックか。(L2ASはACから充電可能)

面白いなと思ったのが、SONYの『CP-AL』
USBバッテリの部分と、ACから充電する充電の部分が別々に構成されていて、バッテリとして利用する際はバッテリ部分だけ持ち運べばokで、充電する時にAC部分とドッキングする使い方が出来て、バッテリ部分だけを手軽に持ち運べるのが特徴。

Energizerの『XP4000C』はちょっと値段が高いけれど、その分バッテリとしての性能は高いようで、iPhoneの動画再生時間のテストでは、ケンジントンの『Travel Battery Pack and Charger for iPhone』に比べて2倍近い再生時間を記録している。(MONOQLOでのテスト結果)

■乾電池使用タイプ

メーカー SANYO SANYO Panasonic
品名 eneloop
スティックブースター
KBC-D1AS
eneloop
mobile booster
KBC-E1AS
USBモバイル電源
Pocket Power
BQ-PP10K/F
実勢価格
(Amazon)
1,749 2,520 2,998
バッテリ 単三電池使用 単三電池使用 単三電池使用
電池容量
単位:mAh
単三乾電池 2本分 単三乾電池 2本分 単三乾電池 2本分
サイズ
(W * D * H)
単位:mm
直径18
高さ148
66 * 25 * 60 49 * 32 * 91
重量 本体:約22g
電池込:76g
約55g
電池込:108g
約65g
出力端子 USB * 1 USB * 1 USB * 1
出力時間 90分 70分 70分
充電時間
単位:時間
充電機能なし 充電機能なし 約220~340分

乾電池を使用するタイプの製品として3つの製品が紹介されていた。

個人的には、『eneloop スティックブースター KBC-D1AS』を使っているけれど、デバイスを充電出来る時間が短く感じているので、『KBC-L2AS』のバッテリが空っぽの状態で使うか、あるいは『ちょっとだけ充電したい』という用途で使っている。

乾電池タイプの良さは、

・電池の確保のし易さ
・替えの乾電池さえ用意しておけば、容量拡張が可能

という点に尽きると思うんだけど、これまで予備バッテリとして使ってきた中では、『乾電池タイプで良かった!』と思うシーンって実は少ない気がしていて、そういう意味では本当に緊急時に役に立つのかもしれない。

ちなみに、紹介したモバイルバッテリの中で、個人的なオススメとしては、

・容量が大きい
・USB出力が2つついてる

という点で、『KBC-L2AS』に1票。
サイズが大きいだけにちょっと重いけれど、あると安心のバッテリです。

SANYO USB出力付きリチウムイオンバッテリー (専用高容量リチウムイオン電池使用) KBC-L2AS SANYO USB出力付きリチウムイオンバッテリー (専用高容量リチウムイオン電池使用) KBC-L2AS

三洋電機 2009-11-14
売り上げランキング : 43
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る by G-Tools

ちなみに雑誌『MONOQLO』はこちらから。

MONOQLO (モノクロ) 2010年 08月号 [雑誌] MONOQLO (モノクロ) 2010年 08月号 [雑誌]

晋遊舎 2010-06-19
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る by G-Tools

前号では、日本通信の『b-mobile SIM』に関して『通信速度が遅いので通話にしか使えないだろう』という致命的な間違いを記載していたけれど、

『辛口モノ雑誌』

を謳うだけあって、基本的には質の高い、信頼の出来る雑誌と思います。

コメント

  1. […] たりしたのも、eneloopに興味が再燃しているところに関係してるかも。 モバイルバッテリー8種類の比較 | shimajiro@mobiler 『モバイル』カテゴリの最新エントリ(7件)イー・モバイルが下り最大 […]

  2. […] This post was mentioned on Twitter by Jun Shimada, *モリノユージン™ / 森野憂人 and #1 Doncaster Network, k_max. k_max said: BlogUp"shimajiro" モバイルバッテリー8種類の比較 http://goo.gl/fb/OiPtQ […]