URoad-7000は自宅用回線として利用可能か?

スポンサーリンク

URoad-7000でのスピードテストの結果が100件を超えたので、これまでの計測結果を集計してみた。

■計測環境
モデム:URoad-7000
電波状態:まちまち
接続方法:Wi-Fi
測定PC:Vaio Type P

■時間帯別速度の結果

時間 計測回数 平均速度
(下り)
平均速度
(上り)
0 2 5.18 0.75
1 0
2 0
3 0
4 1 3.13 0.79
5 8 5.02 0.74
6 4 6.71 0.84
7 21 5.03 0.94
8 6 4.93 0.78
9 7 5.46 1.11
10 1 7.22 0.77
11 1 4.14 0.47
12 1 7.15 0.95
13 3 4.28 0.97
14 5 1.98 0.73
15 6 6.62 1.38
16 9 6.14 1.22
17 6 5.76 0.82
18 0
19 6 3.45 0.79
20 10 3.72 0.73
21 10 4.64 0.75
22 5 4.89 0.69
23 5 5.50 0.62

全時間帯の結果を平均すると、
下り:5.05Mbps
上り:0.84Mbps
※速度の単位はMbps

■上記データをグラフ化したもの

*計測が0件の時間帯は、平均速度が0になります。
(クリックで拡大)

■結論
今回は、『時間帯によって、大きな速度低下があるのか』を中心に集計してみたけれど、今のところ、UQ WiMAXでは夜の時間帯に遅くなる。というような事は発生しておらず、住宅街では夜に速度低下するイー・モバイルに比べると、自宅回線として快適に使えると思う。

実際、毎朝UQ WiMAXのスピードテストをしているけれど、スピードテストのためにUQ WiMAX回線に接続後、自宅の固定回線に接続を切り替える事無く、そのまま接続してもほとんどストレスを感じる事無く、ネットを利用する事が出来ている(^ ^)

ただ、実際に街中に持ち出して使ってみたところ、やっぱり建物内だと電波が厳しい(とは言っても、以前から考えれば、だいぶ改善はされている)し、電波状況が悪いと、速度が低下するという面は無線通信である以上否めないけれど、『自宅の回線』として使う分においては、自宅の電波状況さえ悪く無ければ、自宅回線として利用するのに十分とも言えるかと。

UQ WiMAXのサービスは、他の3Gのデータ通信契約と異なっていわゆる『2年縛り』が無い(1ヵ月以内だと若干手数料発生)ので、『とりあえず契約してみて気に入らなかったら解約』で試してみるハードルも低い。

と言うわけで、光回線なんかをわざわざ引いたりするのが面倒とか、期間拘束なんだかなぁ…と思っている方のための自宅回線として、UQ WiMAXはそこそこ悪くないんではないかと言う結論。
⇒一応、『電波次第』である事は改めて注意させて頂くとして(^ ^;