Android向けのキャリア決済が整ってきている

スポンサーリンク

9/1から開始されたドコモのスマートフォン向けの『SPモード』でサポートされている、『コンテンツ決済サービス』だったり、auのIS01向けに提供されているau one Marketでの『auかんたん決済』対応だったりと、Android端末で利用可能なキャリア決済が整ってきている。

ドコモのコンテンツ決済サービスについては下記記事が詳しい。
spモードで利用できる「コンテンツ決済サービス」 – ケータイ Watch

au one Marketでの『auかんたん決済』対応については下記。
〈お知らせ〉 「au one Market」の機能拡張について〈別紙〉 | 2010年 | KDDI株式会社

Android向けに有料アプリケーションの提供を考えた際に、非常に高いハードルが、『Google Checkoutでの決済する必要がある』という部分を、ケータイでのiモード等でのコンテンツ購入と同様に、4桁のパスワードで、ケータイキャリアの決済を利用する事が出来るメリットは、ユーザのみならずコンテンツ提供サイドとしても非常に大きなポイントと思う。

で、そんなAndroidでの動きと同じようなタイミングで、ドコモが通常のケータイ向けに提供する『ドコモマーケット』では、個人の開発者が開発したアプリケーションでも『ドコモケータイ払い』での決済が可能になったり、今まではiアプリDXの仕様として一部の法人のみに限定されていた仕様を利用する事が出来るようになる。という大きな変化がある。

ドコモマーケット(iモード)とは | サービス・機能 | NTTドコモ

僕自身はコードを書く事が出来ないのが悔しいのだけれど、この辺の仕組みをうまく使ったアプリケーションが登場してくれないかなぁ。と密かに期待していたり。