2010年度上半期の純増数を前年と比較

2010年9月の携帯電話契約者数が発表された。

9月の純増シェア1位はソフトバンク、spモードは27万件に – ケータイ Watch

と言う事で、2010年度の上半期が終わったところで、各社の純増数を前期比でまとめてみた。

■2009年度/2010年度上半期の純増数比較

キャリア名 2009年度上半期 2010年度上半期 年間成長率
純増数 純増シェア 純増数 純増シェア
NTT docomo 585,800 28% 812,500 26% 139%
KDDI
(ツーカー含)
389,900 19% 418,800 14% 107%
SoftBank 684,000 33% 1,597,600 52% 234%
WILLCOM
(PHS + 3G)
-71,600 -3% -334,800 -11% 468%
イー・モバイル 487,500 23% 389,000 13% 80%
UQ Com 0 0% 186,800 6% 0%
合計 2,075,600 3,069,900 148%

全体で言うと、6か月間での純増数が09年度の約200万⇒10年度約300万と1.5倍と、携帯電話契約者数が1億を超えてなお伸び続けているのには驚き。

キャリア別にみると、最も成長率が高かったのがソフトバンク。
前年度68万純増⇒今年度約160万純増と、前年同期比で90万件近い上積みをしている。10年度上半期における純増シェアも、50%超と純増数の上では絶好調。下期もこの調子なのかなぁ?

月別の数字を見ても、6月以降の数字が好調というところで、やはりiPhone 4の効果が大きいと思われる。実際、街中でiPhone 4を見かける比率は異常に高いと感じていて、iPhone 4販売によって国内のiPhone販売台数がどうなっているのか?は非常に興味深いなと思っている。

逆に、5キャリアの中で唯一純減しているのがWILLCOMで、09年度から10年度にかけて純減数が約4.5倍になってしまっているorz
なかなか明るい材料が無いところではあるけれど、地域限定で始まっている『誰とでも定額』の全国展開による起死回生が残された手かなぁ…。

個人的には通話&メールしやすい機種(古いけどWX300Kとか?) + 誰とでも定額の組み合わせが格安で使えれば、ある程度まとまったニーズを掘り起こせるんじゃないかなぁとか思っていたりする。

その他キャリアでは、唯一前年度と比較して、純増者数が伸びなかったのはイー・モバイル。
同社の主力製品と思われるPocket WiFi(D25HW)の発売は2009年10月末なので、10年度上期の数字にも良い影響が出てるのかなー。と思いきや、純増数では前年負けになっていたのが意外。

Pocket WiFiよりも『100円パソコン』的なキャンペーンの方が、販売台数的には伸びたのかも?
という点と、2009年7月からはdocomoの『定額データ スタンダード割』が開始されており、これまで独占していたデータ通信向け市場でdocomoにユーザを奪われているのかも。

と言う訳で、2010年度の上半期が終わったところで、各キャリア毎の純増を前年同期と比べてみましたー。