3キャリアの海外パケット定額比較

SoftBank、docomoに続いて、CDMA2000方式を採用するauも海外でのパケット定額サービスの提供を発表した。

au、海外パケット定額サービス発表 – ケータイ Watch

という事で、3キャリアの海外パケット定額が出揃ったところで、簡単にサービス内容を比較してみた。

■3キャリアの海外パケット比較

項目 docomo au SoftBank
サービス名称 海外パケ・ホーダイ 海外ダブル定額 海外パケットし放題
提供開始時期 2010年9月1日 2011年3月予定 2010年7月21日
対応国・地域 24 3 45
対応事業者数 35 3 49
1,980円/日
の範囲
~20万パケット ~20万パケット 動画などを利用しない場合
2,980円/日
の範囲
20万パケット以降 20万パケット以降 動画等を利用する場合
必要な契約 パケ・ホーダイなど各種パケット定額プランへの加入 定額を含む、各種パケット割引サービス S!ベーシックパック + 各種パケット定額プランの加入
備考 2010年11月末までは、基本使用量に含まれる無料通信の充当が可能。 『動画等』の詳細内容は未定
キャンペーン期間 2011年3月末まで 不明 2011年6月末まで
キャンペーン期間中料金 1,480円 不明 1,480円
キャンペーン期間中の詳細 パケット消費量の区別無く、最大1,480円/日 動画等の利用の有無に関係なく、最大1,480円/日

*auは『グローバルデータ通信カード レンタルサービス』ではなく、『海外ダブル定額』に関する情報。

比較の項目なんかを作ってみて気づいたのが、利用料金については3キャリアで横並びになっていて、ここでは差が出なかった。

但し、通常は2,980円/日発生する可能性のある料金が、約半額になるキャンペーン期間が、他社より長めに設定されているのはSoftBankで、来年の6月末までとサービス開始から約1年間になっている。
⇒どうせなら、来年の夏休みシーズンもキャンペーン継続すればいいのに…。と思うんだけれど、そこはどうなんだろう(^ ^;

対応国および事業者数でもNo.1になったのはSoftBankで、ここは国内キャリアで最初に海外パケット定額を開始したという部分と、旧英Vodafoneの参加であった事が関係しているかも。

とは言え、SoftBankは唯一2,980円/日になるパターンが『動画等を利用した場合』とハッキリしていないのはちょっと怖いところ。まぁキャンペーン期間中はカンケーないけれど…。

個人的にはちょうど、今月末にバリ島に旅行に行く予定があるので、docomoの海外パケ・ホーダイのお世話になる予定です(^ ^)
いや海外でもパケットが定額で使えるなんて、素晴らしい~。

コメント

  1. TOK より:

    いつも楽しく拝見してます。
    PC接続対応の項目なんかもあったらいいんじゃないかと思います。
    (ドコモ、auはOKで、ソフトバンクは不可です。)