iPad 2は新しいユーザを獲得するのかな?

スポンサーリンク

初代iPadの9.7インチの画面サイズを変えずに、CPUの高速化&薄型化、カメラ搭載等を実現した、『iPad 2』が発表された。

初代iPadと、iPad 2のスペック比較は、Engadgetに詳しくまとめられている。
iPad 2 vs. 初代 iPad 仕様比較チャート、変更点まとめ

初代iPadをそれなりに使っている自分としては、薄型化&高速化がされているiPad 2は購入の方針で考え中ではあるけれど、一方で、これまで初代iPadの購入を見送っていたユーザが、iPad 2で薄型&軽量化された事を理由に購入するのかな?という点はやや懐疑的。

Appleとしては、当面iPadのサイズ以下のタブレットを発売する気は無い。という戦略のようにも見えるけれど、iPadとGalaxy Tabを使っていると、基本的にはiPadは持ち運ぶ機会が少ないけれど、Galaxy Tabは毎日バッグに入れて持ち運んでいる。

そんなわけで、個人的にはGalaxy Tabぐらいのサイズの端末が、『持ち運ぶタブレット』としては使い易いと思っているので、そう遠くないうちに7インチ前後のiPadが出るんじゃないかなぁ…と個人的には予想している。
*ちなみに、僕の予想が外れる可能性はかなり高い。という事は付け加えておく(^ ^;

我が家でのiPadの使い方は、『PCを立ち上げるのが面倒な時に、Webを見たり写真を見たり』の用途に使っている。
iPad 2に対して、強烈な魅力は感じないながらも、薄型化&軽量化、カメラ搭載の『正当進化』という位置付けなので、これまでのiPadの使い勝手そのままに、より快適に使う事が出来そうという点には期待(^ ^)

iPad 2、日本での発売は3/25(金)とのこと。日本では初代iPadと同じくSBMが販売するという報道もあるので、引き続きAmazonでの取り扱いは無いのかなー。
初代iPadと同じく、販売開始当初は家電量販店 + 一部のソフトバンクショップのみ(とあと、AppleStore)になると、ちょっと入手が面倒そう(^ ^;