生存報告がてら地震当日のメモ

スポンサーリンク

地震発生の当日は所要があって有給だったので会社を休んでいた。で、地震発生までにやってた事は以下。

朝から確定申告&杉並区役所で用事済ます ⇒ 11時過ぎに秋葉原で買物 ⇒ 14:30頃家の最寄駅に戻る ⇒ 15:00頃嫁さんを職場に迎えに行く予定だった。

■地震が発生した瞬間
・嫁さんを迎えに行く前に、自宅で一人カップラーメンを食ってたタイミングで地震発生。
⇒最初は震度3ぐらいに感じていたので、そのままカップラーメンを食べ続けていたけれど、揺れが大きくなってきた段階でヤバイと判断。食ってたカップラーメンと、沸かした直後のやかんのお湯を捨てて、ガスの元栓を締める。
そうこうしてる間に、揺れが続いてPCの液晶ディスプレイがゆれ始めたので抑える ⇒ PCの液晶を抑えてる間に、本棚やデスクからモノ落下して散乱し始める。 ⇒ 建物が相当揺れたので、危険を感じてとりあえずマンションから脱出。

*一応注記しておくと、今住んでいるマンションは築30年近くの割と古いマンションで、最近の耐震基準を満たしてないとかで、『次回更新時はご検討ください』みたいなお達しが大家から来るような物件orz

■地震発生後
いったんマンションを脱出して様子を見た後、マンションが崩れる事が無い事を確認。余震に備えて、揺れで落下して故障する可能性のあるオーブンレンジ、PCのディスプレイなどなどを落下しない場所に移動。迎えに行く予定だった嫁さんに、『迎えに行くの無理だから、自力で帰ってきて』とメール。(結局このメールは遅延してたらしいけど、Twitterで僕の動きを見て自力で帰ることにしたとか)
⇒バイクで迎えに行く予定だったけれど、道路状況や余震の発生可能性を考慮して諦めた。

そのあと通信手段、ライト、バッテリ類を確保して、歩いて3分ぐらいの嫁さんの実家の様子を見にいく事に。

嫁さんの実家は留守にしていて、とりあえず外から見る分には特に問題なさそうだったので、その旨連絡しに義理の母の勤務先(歩いて5分ぐらい)まで歩いて移動。移動中にも余震で街が揺れる度に悲鳴があがるような状況だった。

残念ながら、義母は職場に居なかったので連絡が取れなかった。そんな事をしているうちに、義父から連絡があって家(嫁さんの実家)にこれから戻る。とのことだったので嫁さんの実家で合流。

嫁さんの実家の様子を見ると、僕の自宅と比較して明らかに被害状況が少ない事にオドロキ。(自宅と同じように家の中の物が散乱してるかと思ったけど、ほとんど影響が無かった。)
どうも、構造的に揺れに強い条件が揃っているとの事で、確かに我が家とは全く違う被害状況(被害ほぼなし)だったので、この日は自宅を諦めて嫁さんの実家に避難して一夜を過ごす事に。

■非常時に備えて、必要だなと思ったモノ
・3日ぐらいは自力で生き残れる食料&バッテリ類の確保
・家族、親族との安否確認方法とルール(そもそも安否確認するのかしないのかとか)

と言うわけで、ひとまず無事でやってます。というご報告がてら。

自宅の本などが散乱
積み上げ式収納の危険性認識。
ディスプレイはモニタの上にあったんだけど…
スピーカーの上からモニタが落下。
電車停止で駅前に人たくさん
こういう時に駅にTV必要と思った。
地震発生から30分後のスーパー
フツーに営業してた。