2011年4月のパケット通信量/通話時間

2011年4月の各種回線のパケット通信量と通話時間の集計。

docomoの定額データプランが1,000万パケットを超えた場合は、『翌月10日前後』にならないと通信量の詳細が分からないのだけれど、今月は13日(金)になって表示された。
⇒普段の月よりも集計に時間がかかったのは、GWの連休の関係で、もしかしたら月初から何営業日以内に。という感じでdocomo内で処理しているのかも…!?

■モバイル回線のパケット通信量

2011年 docomo
(ケータイ)
docomo
(定額データ)
WiMAX 合計
1月 2,842,667 15,297,734 219,775,740 232,618,407
2月 2,348,257 24,785,216 187,201,587 214,335,060
3月 3,820,657 38,733,051 281,126,996 323,680,704
4月 4,792,829 67,942,239 371,252,048 443,987,116

*単位 パケット

■docomo(ケータイ)
約480万パケット(約 585MB)

おサイフケータイ&jigtwi&iモードサイトの閲覧&仕事での検証用に使用しているF-01A回線のパケット通信量は約480万パケット。

がっつり使っている印象も無いけれど、通信量が減らないのは、仕事中にjigtwiのタイムライン自動更新をONにして、充電しながらTwitterをつけっぱなしにしているからかなぁ…(^ ^;
F-01Aは現役で使っている端末としては一番古い端末になるので、F-01Cまたはdocomo夏モデルの端末に変更を検討中。

■docomo(定額データ回線)
約6,800万パケット(約 8,300MB)

3月は3,800万パケット ⇒ 4月 6,800万パケットと大幅に増加している(^ ^;
通信量が大きいというのは、通信がそれだけ快適である事の裏返しとも言えるわけで、docomo回線のエリアの広さ&通信速度の安定性という回線部分の魅力と、『つけっぱなし運用』がカンタンに出来る『BF-01B』の組み合わせは、『モバイル』するWi-Fiルータとしてはかなり信頼度が高くて、気に入っている。

■WiMAX
約37億パケット(約 44GB)

主に自宅回線として利用しているWiMAX回線の通信量は約37億パケット = 44GBとなった。
iPad 2で映画を見るために、HD動画をWiMAX網経由でDLしたり、iOSのバージョンアップだったりと、大容量のデータ通信も特に難なくこなしていて、結構頼りになる自宅回線だったりする(^ ^;

当初は4月中までとアナウンスされていたSo-net WiMAXのキャンペーンも、5月末までと延長されているので、WiMAXこれからデビューするという方はこの辺のキャンペーンを活用すると良いかと。
So-netのWM3500R(モモピンク)投売キャンペーンが5月末までに延長 | shimajiro@mobiler

■通話時間

パケット通信量に続いて、WILLCOMの『だれとでも定額』回線と、SkypeOutでの通話時間の集計。
4月分からはWILLCOMの通話回数も集計対象にしてみた。

2011年 WILLCOM WILLCOM
通話回数
Skype Out 通話時間合計
1月 01:07 00:07 01:14
2月 00:29 01:09 01:38
3月 01:18 00:06 01:24
4月 01:32 34 01:08 02:40

*単位 時間:分

■WILLCOM 通話時間
1時間32分/通話回数 34回

WILLCOMの『だれとでも定額』回線での通話時間は1時間32分/通話回数は 34回。
『だれとでも定額』の通話回数は、4月からMy WILLCOMで確認可能になっているので、500回まで/月の到達が気になる方はMy WILLCOMでチェックする事ができる。
関連エントリ:『だれとでも定額』での発信回数がMy WILLCOMで確認可能に | shimajiro@mobiler

だれとでも定額回線では毎月1時間以上の通話時間はあるわけで、稼働率自体が高いわけではないながらも、意外なところで役立つことも多く、なんだかんだと『あると安心』の一台だったりする(^ ^;

だれとでも定額(WILLCOM STORE)

■Skype Out利用時間
1時間8分

Skype Outの通話時間も、WILLCOMの通話時間と同じく毎月1時間前後に収まることが多い。
Skype Outは去年の6月に『1カ国限定かけ放題プラン』を契約(関連エントリ)しており、もうすぐ契約から1年になるけれど、このまま契約延長できるかな…?

WILLCOMの『だれとでも定額』と同じくSkypeの国内かけ放題プランも、固定電話への通話がし放題になるので、『使えると安心』のプラン。

最近はPCだけでなく、Android、iPhoneなどのモバイルハンドセット端末でもSkypeが使えるようになってきた事から、かなりサービスとしての使い勝手がよくなってきているので、MicroSoftに買収された後も、現在提供しているサービスの継続を願いたいところ。