iアプリ版Evernoteがリリース!使い勝手は微妙…。

先日リリースされたOpera Mini6βに続いて、『Evernote』もiアプリ版がリリースされている。
関連エントリ:iアプリ向けのOpera Mini 6βがリリースされている | shimajiro@mobiler

Evernote日本語版Blogでの紹介エントリは下記。
iモード向け公式アプリ Evernote for i-mode 登場!
さらに多くのみなさまにEvernoteの便利さをお届けします « Evernote日本語版ブログ

iアプリ向けEvernoteの対応機種はiアプリのStarプロファイル対応機種。ざっくり型番で言うと、Aシリーズ以降。
*Aシリーズ以降の機種でもStarプロファイル非対応機種あり。

iアプリ版Evernoteのダウンロードは下記ドコモマーケットより。
アプリ詳細 | ドコモマーケット アプリストア | NTTドコモ

iアプリ版Evernoteの画面はこんな感じ。

トップ画面
ノート一覧画面
ノート詳細画面
読込中画面。通信がストレス。

…タイトルにも書いたように、あくまでも現時点で評価するのであれば使い勝手は『微妙』というのが率直な感想で、iOSなりAndroid版が利用出来るユーザとしては、敢えてiアプリ版を使うこともなさそうだなー。という感じ。

実際、ダウンロードしてから数日が経ったけれど、Android版なりiOS版が利用可能な環境の上では、『iアプリ版のEvernoteがあってよかった!』と思ったシーンは今のところなし(^ ^;

iアプリ版のEvernoteについて具体的に使いづらいなー。と感じた部分は以下。

■使いにくいと感じた部分
ログイン後に表示される6つのアイコンの画面で、下キーを押してもフォーカスは右に移動する。
⇒下キーを押したら下にフォーカスが移動するのが直感的な操作だと思うんだけれど…(^ ^;
この操作は何回やっても、『ん?』と思ってしまった。慣れない…。

Android/iOS向けと異なり、iアプリ版ではオフラインでのキャッシュを殆ど持たないので、どうしても通信回数が多い。
かつ、通信速度が遅いので、アプリの全体的なレスポンスが悪く感じる。

ノートブック内のノート一覧を閲覧時に、画面一番上で上キー/下で下キー、または左右キーでページ送りにならない。
⇒ページ送りをするためには、ソフトキーで操作する必要があって、指の移動量が少ない&前述の通信速度があまり速くないという点から、重要な『ノート一覧の閲覧』使い勝手が微妙。

■結論
今回登場したiアプリ版については、個人的には結構期待していただけに、ちょっと現状の完成度ではちょっと使う気にならないなぁ…。というのが、率直な感想。

ただ、iアプリ版のEvernoteが登場した事で、よりEvernoteのユーザ数が広がるきっかけになれば、Evernote全体にとってはプラスになればなぁ…。

ここのところEvernoteを『外部脳』として使うためにトライ&エラーを繰り返していて、Evernoteアプリケーションが使いやすいかどうか。他のアプリケーションとの連係がしやすいかどうか。という点を非常に重視しているのだけれど、現時点でのiモード版アプリでは、(連係はOS的にやりにくい部分があるけれど)アプリケーション単体としての使い勝手があまり良くないなぁ…。という感じで(^ ^;