Eye-Fi画像のアップロード先をEvernote ⇒ Picasaに変更した

Eye-Fi ⇒ Evernoteに写真を2,000枚ほどアップロードしてみた | shimajiro@mobiler
というエントリを先日書いたばかりなんだけれど、1週間も待たずにEye-Fi経由で画像をアップロードするオンラインサービスを、Evernote ⇒ Picasaに変更してみた。

変更に至った理由は以下。

  1. Evernoteの同期に時間がかかると、必要なメモなどを取り出すのに時間がかかる
  2. ちょっと前まではそれほど意識して行っていなかったけれど、最近は『自分の外脳』としてEvernoteを活用するべく、様々な情報をEveernoteにとにかく放り込んでいる。

    もともと、Eye-Fiに撮影した画像をEvernoteにアップしたい。
    と言うのも、『外脳』としてのEvernoteを使うために写真もEvernoteに蓄積してみよう。という事が目的だったのだけれど、画像をEvernoteで同期しようとすると、Evernoteの同期にやたらと時間がかかってしまって、写真以外に必要な情報へのアクセスがしにくくなる。
    という問題が発生したので、Evernoteへの画像蓄積を一旦諦める事に。

    モバイルであれば、同期するノートブックを選べるけれどPCでは選べないので、前回の同期から時間がたっていて大量のデータを同期する必要がある場合、最新の状態になるまでの待ち時間が長くて、『必要なタイミングで即座に必要な情報を取り出す』という使い方が出来なくなる(しにくくなる)という事がわかったので。

  3. 画像の閲覧し易さはPicasaの方が上
  4. 当然と言えば当然ではあるのだけれど、そもそもが画像サービスである『Picasa』の方がEvernoteよりも画像管理に関しては使い易くて、

    ・複数の画像をまとめて、アルバムを作成
    ・画像をスライドショーで閲覧
    ・スワイプ操作で画像を切り替える(WebAlbumsで閲覧)

    と言った、画像を閲覧する上で当たり前の機能が、Evernoteでは備わっておらず、画像内のOCRなんかは便利なんだけれども、単純に『画像を閲覧する』という目的ではEvernoteよりもPicasaの方が扱いやすいので(^ ^;
    *まぁ、そもそもサービスの目的から考えれば当たり前っちゃそうなんだけど…。

  5. 保存するノートブックの指定が出来ないのが意外に手間だった
  6. Eye-FiからEvernoteへ画像をアップロードする場合、保存するノートブックを指定する事が出来ないので、デフォルトノートブックにためられる画像を、『写真』ノートブックに移動していたのだけれど、これが意外に手間で、毎日数枚の画像がEye-Fi経由で追加される度に、ノートを移動するのは何だか手間でストレスを感じた(^ ^;

    この辺り、Evernote側のAPIの問題なのか、Eye-Fi側が対応していないのか(恐らく後者かなぁ)は謎だけれど、アップロードするノートブックの指定ぐらいは対応して欲しいなぁ…。

    Eye-Fiとは関係が無いけれど、Gmailも一部のメールをEverenote側に転送をかけているけれど、こちらも同じくデフォルトのノートブックに転送したメールが放り込まれるようになってしまうので、Evernoteにはノートブック毎に専用のメールアドレスを持つという仕様にして欲しいなぁ…。

Eye-Fi経由でのアップロード先はPicasaに設定してみたけれど、『全ての情報をEvernoteに放り込みたい』という思いは引き続きあるので、何らか良い方法でEvernoteに画像を放り込めたらなぁ…。

現時点で無難な対応としては、Eye-Fi ⇒ Picasaは自動でアップロードする設定にしておいて、Evernoteへの画像アップロードは必要になったタイミングで都度、手動で行うという程度かなぁ…。それが意外に面倒なんだけれども…。

Eye-Fi Mobile X2 8GB EFJ-MB-8G Eye-Fi Mobile X2 8GB EFJ-MB-8G

Eye-Fi Japan 2011-05-18
売り上げランキング : 342

Amazonで詳しく見る by G-Tools