Skype for Androidがバージョンアップ。一部機種でビデオ通話対応

スポンサーリンク

7月はじめにSkype for Androidがメジャーバージョンアップし、一部機種でビデオ通話に対応した。

Android向けのSkypeのダウンロードはAndroidマーケットから。
Skype – Android マーケット

今回はAndroid向けのSkypeのメジャーバージョンアップという事で、一部機種でのビデオ通話のサポートを中心に、多数修正が加えられている。

・UIの刷新
・SMS送信のサポート
・一部機種でのビデオ通話サポート

Skype日本語ブログでの紹介エントリは下記。
Skype – Skype 日本語ブログ – AndroidでもSkypeのビデオ通話が可能に!

非常に残念なのは、現時点でビデオ通話機能をサポートした端末が、日本キャリアからは発売されていないこと。

インカメラ搭載のAndroid 2.3以降のバージョンであれば、二者間のビデオ通話が可能です。現在のビデオ通話機能対応機種は、HTC Desire S、Sony Ericsson Xperia neo、Sony Ericsson Xperia pro、Google Nexus Sです。その他の機種につきましても、まもなく提供を開始していく予定ですので、今しばらくお待ちください。

実際に、ビデオ通話対応機種であるXperia neoで確認してみたところ、他の機種では表示されない通話ビデオ通話の項目がメニューに表示されていた。

今回発表された4機種以外への期首拡大は『まもなく提供を開始していく予定。』との事なので、待つしかないけれど、異なるプラットフォームをまたいで無料でビデオ通話が出来るのはカナリ嬉しい(^ ^)

あとは、Skype Outでの発信者番号通知に、日本のケータイの番号を設定できるようになれば、日常の連絡手段としてSkypeを使うということが、かなり現実的になりそうな気はしているのだけれど・・・。
来週のSMSキャリア互換開始あたりで、SkypeOutの発信者番号通知に日本のケータイ番号を設定できるようになったりしないかなー。SkypeOutの発信者番号通知に、日本のケータイ番号が設定できるようになったら、『世界中どこでもプラン・エクストラ』契約しようかなと思ってるんだけれども・・・。
関連エントリ:Skypeの発信者番号認識が日本でも使えたら『世界中どこでもプラン・エクストラ』契約するのに… | shimajiro@mobiler