UQ WiMAX本家がキャンペーン開始!MVNOとの比較をしてみた

スポンサーリンク

UQ WiMAX本家が『夏の大特価キャンペーン』と銘打ったキャンペーンを、9月末までの期間限定で開始しているので、各MVNOが行っているキャンペーンと比較してどちらが安いのか?を計算してみた。

UQ WiMAXのキャンペーンサイトは以下にて。
ありがとう! 100万契約 夏の大特価キャンペーン

結論から言うと、現在行われているキャンペーン内容であれば、BIGLOBE WiMAXのキャンペーンの方がお得。
BIGLOBE WiMAXと、今回のUQ WiMAX本家のキャンペーンのメリット/デメリットを比較すると以下。

■BIGLOBE WiMAX契約のメリット
・契約事務手数料 2,835円が無料
・契約初月の通信料が無料
・端末代がBIGLOBE WiMAXの方が安い
・年間契約の初年度違約金はBIGLBOE WiMAXの方が安い

■BIGLOBE WiMAX契約のデメリット
・連続通信可能時間は6時間までの制限がある
・速度的には本家契約より若干遅い場合がある

WM3500R/URoad-8000のキャンペーン内容比較

利用端末 契約事業者 契約手数料 端末代 初月通信料 年間契約違約金
WM3500R BIGLOBE WiMAX 無料 0円 無料 5,250円
※3ヶ月以内の解約の場合、+5,250円
UQ WiMAX 2,835円 2,800円 有料 初年度:9,975円
二年目以降:5,250円
URoad-8000 BIGLOBE WiMAX 無料 4,800円 無料 5,250円
※3ヶ月以内の解約の場合、+5,250円
UQ WiMAX 2,835円 5,800円 有料 初年度:9,975円
二年目以降:5,250円

で、個人的なオススメとしてはとりあえずBIGLBOE WiMAXで契約(端末を入手)して、回線速度や連続通信時間の制限に特に問題が無ければそのまま継続、問題がある場合はBIGLOBE WiMAXとの契約を解除してそのままの端末でUQ WiMAXと契約。というパターンでよいのかなと(^ ^;

これまでの流れを見ていると、今回のUQ WiMAXのキャンペーンは、6月1日より端末購入と同時に申し込んだ場合の年間契約パスポートの初年度解除料の値上げを行ったので、端末代を値下げする事が出来た。という事なのかなー。と推測。