2011年7月タイ旅行に持っていくデジモノ

スポンサーリンク

初めてのタイ旅行となる今回の旅行に持って行くデジモノのご紹介。

2011年GW期間中のバリ島&ロンボク島旅行での持ち物は以下エントリにて。
2011年4月バリ島&ロンボク島旅行に持っていくデジモノ | shimajiro@mobiler

  1. モバイルデバイス
  2. 今回持って行くモバイルデバイスは4台。

    写真左上から順番に、

    ・F-09C(docomo)
    主に国内での利用になる予定だけれど、SIMロックは解除済みなので、アクセスポイントモードが他社SIMでも使えるのか?あたりを検証するつもり。
    ⇒と言うのも、今のところ国内他社SIMでは失敗しているので…(^ ^;

    ・iPod touch 4th 64GB
    iPod touchは普段からモバイルWi-Fiルータとあわせて『電話の出来ないiPhone』として使っているけれど、旅行先でも全く同じように使う予定(^ ^)

    後述するBluetooth対応のモバイルスピーカー、『JAMBOX』を入手してからは、ホテルで音楽を流したりする。というのも、iPod touch本体からのスピーカー出力と比べてかなり快適に使う事が出来るので、ホテルでのリラックス用にも重宝している(^ ^)

    ・GALAXY S2(SC-02C)
    今回の旅行で利用するケータイとしてはメインになる可能性の高い、GALAXY S2(SC-02C9
    当然SIMロックは正規の解除を行っているので、現地でプリペイドSIMカードを入手して使うつもり。

    テザリングについては、標準の状態だとdocomo回線以外では利用する事が出来ないので、BF-01BまたはDesire HDのテザリング経由で利用する予定。
    それにしても、普段日本で使っている端末が、そのまま海外でもSIMロック解除済み端末として利用できる。と言うのは本当に有難いなぁ…。

    ・Desire HD(SIMフリー版)
    前回の旅行ではAndroid端末としてメインを張ったDesire HD(SIMフリー版)だけれど、今回はGALAXY S2(SC-02C)がメインでDesire HDはサブになる予定。場合によっては使わないかも…。

    ただ、前回の旅行でなんら問題なく利用する事が出来た。という実績と、GALAXY S2で何かトラブルが起きたときのサブデバイスとして、念のため持って行く(^ ^;

  3. モバイルWi-Fiルータ
  4. 今回持って行くモバイルWi-Fiルータは4台。
    GWの旅行時と比較すると、新しく追加されたのはURoad-8000とGP01で、代わりにWM3500RとS31HWがお留守番という事に。

    ・URoad-8000
    日本国内でのモバイルWi-Fiルータとして利用する。
    WM3500Rもようやくファームウェアバージョン3.1.0で安定してきたけれども、WM3500Rよりコンパクトなので、モバイル用途ではWM3500RよりURoad-8000を使う機会が多い。

    ・GP01(イー・モバイル)
    SIMフリーのモバイルWi-Fiルータとして、GP01を持って行く。
    国内ではイー・モバイル網で使っているけれど、海外でも利用が可能か?の検証と、BF-01Bが現地で使えなかったときの予備用として持って行く。

    ・C01HW(SoftBank)
    GP01が何らかの理由で使えない場合の予備として持って行く。端末が小さいので予備としてもって行きやすいのと、GP01とバッテリが共通なのでサブ端末として持って行きやすいのが良い点(^ ^)

    普段国内では使っていないけれど、こういう時には「あると助かる」一台。

    ・BF-01B(SIMロック解除済み)
    3G対応のモバイルWi-Fiルータとして一番気に入っているBF-01Bを、現地SIMでも利用するつもり。

    ただ、前回の旅行時にはなぜかインドネシアの3のSIMとの組み合わせで通信が確立せず、急遽S31HW(Pocket WiFi S)が思わず代打として活躍した。

    という事もあるので、今回も同じような事例が発生したら、Desire HDかGP01あたりをモバイルWi-Fiルータとして使う予定。
    ※BF-01BのSIMロック解除に関する質問は受付ませんm(_ _)m

  5. PC&タブレット
  6. PC&タブレットとして、

    ・MacBook Air  11inch(2011年モデル)
    ・iPad 2 64GB Wi-Fi
    ・Vaio Type P

    を持っていく。

    この中で、旅行中に一番利用頻度が高くなるのはiPad 2だと思うのだけれど、Blogのエントリ更新なんかについてはMacBook AirなりVaio Type Pが担うことになる予定(^ ^)

    MacBook AIrはこの旅行に間に合わせるために、オンラインでポチったものをキャンセルして店頭入手。というやや面倒な事をしたけれど、その後Appleから出荷が遅れる旨のメールが来ていたので、結果的には大正解だったと思っている(^ ^)

    本当であれば、持っていくPCは1台にしたいところだけれど、さすがにMacBook Airは初めて使うMac OSなので、念の為にVaio Type Pも持っていくことに(^ ^)

  7. その他便利ツール
  8. 主要なデジモノは上記の通りなんだけれど、それ以外でも便利なツールのご紹介。

    ・JAMBOX
    Bluetooth対応のスピーカー「Jawbone JAMBOX」

    旅行先のホテルで音楽を聞くだけでなく、音声通話の外部スピーカー/マイクとしても使える。
    JAMBOXを外部スピーカーとして使うと便利なのは、iPod touchなどモバイルデバイスから音を出すのと比較して、音量の余裕があるためか長時間流しっぱなしにしても耳が疲れることがなく、リラックスする事ができるという、地味ながらも非常に大きな役割を果たしてくれているので、旅行だけでなく出張にも便利なツール(^ ^)

    販売価格は約20,000円と安くないけれど、勝手よかった。と思っている便利ツール。

    JAWBONE ポータブル Bluetooth ワイヤレス スピーカー Jawbone JAMBOX ブラックダイアモンド ALP-JAM-BD(Amazon)

    ソルター ウェイトチェッカー 9500
    「ソルターウェイトチェッカー」はその名の通り、荷物の重量を測るツール。

    機内持ち込み可能な荷物の重量だったり、預け入れる荷物の重量を確認するためのツールで、エアアジアのように荷物の重量制限が厳しい航空会社のは初めてなので、荷物の重量確認に使う(^ ^)

    ソルター ウェイトチェッカー 9500(Amazon)

バッテリ類や、ケーブルなどなどはあまり構成が変わってないので割愛(^ ^;

これらの装備を全て「カリマーエアポートプロ 40R」で持って行く予定。

衣類などを含めた総重量は、トータルでだいたい13kgぐらいになるので、エアアジアの機内持込制限である7kgは超えてしまうけれども、キャリーバッグの本体部分を預け入れにすれば、PCなどなどは機内持込できる重量(7kg)に十分収まるハズ(^ ^;
本当はトータルで7kg以下を目指していたけれど、なかなか難しいなぁ…。

使う端末を統合していくなりして、先々は荷物を減らしていきたいところ。