イー・モバイルGP02 ファーストインプレッション

スポンサーリンク

下り最大42Mbpsに対応した、イー・モバイルの『GP02』を入手してから2週間程度が経過するので、忘れないうちにファーストインプレッション。

  1. 通信速度は思いのほか高速
  2. GP02を使い始めて一番驚いたのは、通信速度が意外に高速という点。

    利用者がそう少なくないであろう、平日お昼の新宿近辺で下り速度が15Mbpsを越えを記録したり、速度計測はしていないけれど全体的に通信速度は『意外に速い』と感じる事が多かった。
    関連エントリ:EMOBILE G4対応GP02で下り15Mbpsを超えた | shimajiro@mobiler

    体感速度としては、docomoのFOMA網よりは明らかに速度が速くて、カテゴリとしてはXiやWiMAXの通信速度が実感できる。
    ただ、WiMAXとの違いとしてあげられる点としては、EMOBILE G4については、

    直近24時間の通信量が300万パケットを超える場合、当日の21時~翌日のAM2:00までの間、通信速度が規制される。

    という速度制限がかかる仕様になっているので、この時間に自宅で利用したい場合、自宅回線としてEMOBILE G4を利用する事はかなり厳しい(^ ^;

  3. EMOBILE G4エリアは広い。但し下り最大42Mbps対応エリアは非公開
  4. GP02を使ってみて気づいたのは、EMOBILE G4のエリアが意外に広いこと。
    下記エリアマップの紫色の部分が、EMOBILE G4の対応エリア。

    モバイルブロードバンド サービス提供エリア | イー・モバイル

    ざっくりだけれど、都心から30kmぐらいの距離の範囲であれば、EMOBILE G4が利用可能になっている。

    EMOBILE G4に接続されているかどうかは、GP02上で確認する方法などが無いけれど、実際の体感速度としては前述の通り、意外に速い通信速度が得られているし、EMOBILE G4のエリアマップで見てみても『思っていたよりも広い』というのが率直な感想(^ ^;

    ただ、EMOBILE G4の中でも最高速であり、GP02が対応している『下り最大42Mbps』のエリアについては非公開となっている。
    関連エントリ:EMOBILE G4下り最大42Mbps対応エリアは『非公開』 | shimajiro@mobiler

    なんとなくだけれど、下り最大42Mbpsで通信が出来るエリアは『限りなく狭い』んじゃないかなぁ…と推測(^ ^;
    なので、基本的には『まぁまぁ広いEMOBILE G4で利用が可能な端末』として考えている(^ ^)

  5. Wi-Fiの電源ON/OFF運用で待機時のバッテリ長持ち
  6. GP02に限ったことではないのだけれど、モバイルWi-Fiルータの運用方法として、

    『利用しないときは端末の電源を入れたまま、Wi-FiだけOFFにする』

    という運用をすると、利用していないときのバッテリ消費を抑える事が出来る上に、利用する際はWi-FiをONにするだけで接続することが可能になる。さらに、バイルWi-Fiルータの欠点である『端末の電源を入れてから接続完了までの待ち時間』を大幅に短縮することが出来るようになるので、最近はこの運用が可能な端末については、『常に電源ONでWi-Fiだけ電源をOFFに』という運用方法をしている。

    GP01でも同等の機能はあったけれど、GP02は端末の右側にある電源ボタンを3秒ほど押すとWi-Fi部分だけON/OFF切替することがカンタン(^ ^)
    ⇒一定時間通信が無い場合に、自動的にWi-FiをOFFにする設定と組み合わせて使うと『うっかりWi-Fiのきり忘れ』を防ぐ事が可能(^ ^)

  7. 圏外 ⇒ 圏内での接続復帰は優秀
  8. 圏外エリア ⇒ 圏内エリアに復帰した際の接続復帰は、GP01と同様にかなり早いタイミングで接続が復帰されるので、『本当は電波は届いているのに接続が完了せずにイライラ』というケースは殆ど無い。

    ほとんどアピールされては居ないけれど、初代Pocket WiFiでは圏内復帰してくれないことが多々あって不便だったのと比較すると、地下鉄エリアで圏外を移動する場合の使い勝手が大きく改善している。

  9. 端末サイズはやや大きい。背面はマットな感じ
  10. GP02の端末サイズは、初代Pocket WiFi(D25HW)と比べると明らかに一回り大きくて、Pocket WiFiと比べると決して『コンパクト』とは感じないサイズ。

    ただ、『ゴツイ』と感じるほどではなくて、感覚としてはWiMAXのURoad-8000と同じぐらいのサイズ。他の端末と比べてネックと感じるようなサイズではない。

  11. 端末表面は触れた跡が残りやすい
  12. 少し残念な点としては、端末の表面は手が触れた跡が残りやすい素材が使われているので、なんとなく端末が汚れてしまうように見える点。

    モバイルWi-Fiルータなので、端末のディスプレイとにらめっこするような機会はそう多くないし、個人的にはあまり気にならないけれど、気になる人は気になるかも(^ ^;

GP02は端末代が高くても数千円だし、月額通信料も3,880円/月で24ヶ月利用する事が可能。
Xiのエリアがまだまだ狭いことと、最近のターミナル駅周辺でのFOMA網の接続速度や品質を考えると、EMOBILE G4対応のモバイルWi-Fiルータは何気にコストパフォーマンスが高いと思っていてオススメ(^ ^)
オンラインストアではまだGP02の在庫は無いみたいだけれど、いつになったら復活するのだろう…?

イー・モバイル(EMOBILE ONLINE)