WiMAXモバイルWi-Fiルータ『URoad-8000』レビュー

スポンサーリンク

自宅の回線用の端末としては、引き続きWiMAX + WM3500Rの組み合わせを使っているのだけれど、モバイルするモバイルWi-Fiルータなら『URoad-8000』がオススメ。

シンセイコーポレーション│ WiMAX URoad-8000

■URoad-8000のメリット

  1. 高速移動時のハンドオーバー処理が優秀で、回線が切断されにくい。
  2. WM3500R ⇒ URoad-8000に変更して一番驚いたのは、電車や高速道路などで高速移動をしても回線の切断が起こりにくく、それまで使っていたWM3500Rと比べて、格段に移動中の通信が快適になったこと(^ ^)

    スペック表では現れにくい部分だけれど、通信機として非常に重要な『繋がりやすさ』がURoad-8000では強化されている。
    URoad-8000のWiMAXの掴みの良さを実感したのは、成田空港へ電車で移動する際に、結構速度が出る京成線 特急電車で移動中に利用した時。
    関連エントリ:WiMAX:URoad-8000のハンドオーバーが優秀! | shimajiro@mobiler

    それまでは電車などで移動中のWiMAXは、使い物にならないものと思い込んでいたけれど、基地局の増加&端末側の改善が進んだ結果、URoad-8000であれば、電車移動中/高速道路移動中の利用でも問題無いという事は実体験済み(^ ^)

    ただ、新幹線での移動中での検証はまだできてなくて、新幹線が最高速度で移動状態でWiMAXが使えるのか?については未確認(^ ^;
    ⇒今のところ、東海道新幹線の東京〜米原区間であれば、最高速度で移動中もFOMA網であれば問題無く利用可能であることは確認済みだけれど、WiMAXについてはまだ確認できていないので機会があったら検証したい。

  3. 端末サイズはコンパクトなのに、連続稼働時間が長い。
  4. URoad-8000は端末サイズがコンパクトなのに、連続稼動時間が9時間と長い。
    URoad-8000の連続稼動時間は、単純にスペック上の『9時間』ではなくて、実際にかなり長い事が実感できる。

    3時間〜4時間程度連続で動作させた状態でも、バッテリ残量を示すLEDライトは『緑』のままである事も多く、通勤&それほど長くない外出程度であれば、1日の利用分のバッテリは十分持つ(^ ^)

    『モバイルWi-Fiルータはバッテリが持たない』と思われる事が多いけれど、バッテリの残量をあまり気にせずに利用する事ができるのは、モバイルWi-Fiルータを利用する上で心強いポイント。

  5. バッテリの交換が可能。入手もカンタン。
  6. WM3500Rと比べた場合のURoad-8000のメリットとして、バッテリの交換が簡単(WM3500Rは交換不可)かつ、正規品のバッテリがAmazonで3,500円程度で販売されており、入手が簡単(^ ^)

    もともと連続稼働時間が長いので交換用バッテリを用意しなくても、普通に利用する分には交換用バッテリを用意しておかなくてもほとんど問題がないのだけれど、『念のため』に用意しておいてもそれほどコストが高くないのは嬉しい。

    URoad-8000用のバッテリは下記ページにて販売されている
    シンセイコーポレーション URoad-8000専用電池パック URoad-8000専用電池パック(Amazon)

  7. 取り扱いしているMVNOが多数
  8. URoad-8000は主要なWiMAXのISP各社より提供されており、URoad-8000を利用すると契約可能なISPが限定されるという事がほぼない(^ ^;

    取り扱いの少ない端末の例を上げると、アルチザネットワークス製のWiMAX対応モバイルWi-Fiルータ『AZ01MR』は取り扱っているISPが少なく、大手ではnifty WiMAXなど一部のISPに限られている。

    URoad-8000を購入した場合のキャンペーン内容比較については、以下のエントリを参照。
    10月以降のWiMAXのMVNOキャンペーン内容比較 | shimajiro@mobiler

年間パスポート契約なら端末代は0円になるパターンが多い。

そんなお気に入りのURoad-8000だけれど、デメリットもいくつか。

  1. Wi-Fi側の電波が弱い
  2. 省電力優先の設計のためか、意外なほどURoad-8000から発せられるWi-Fiの電波が弱い。
    URoad-8000のすぐ近くで利用するのであれば問題無いけれど、少し離れた状態だったり、隣の部屋に置いて利用するようなケースでは、Wi-Fi側の電波の受信状況をチェックして使う事をオススメ(^ ^;

  3. URoad-8000とWi-Fiで接続する時にエラーが発生する事がある
  4. 特にMacBook Airとの接続で発生する事が多い気がしているのだけれど、URoad-8000と端末をWi-Fiで接続する時に、なぜか接続がエラーになる事が多い(^ ^;
    関連エントリ:MacBook Air(Lion)とURoad-8000は相性悪い?接続時にタイムアウトが多発 | shimajiro@mobiler

    今のところ、解決方法は謎で、UQコミュニケーションズのサポートに問い合わせをしてみても『特定端末との相性問題などについては把握していない、報告も無い』という事だったので、今のところ解決方法は不明(^ ^;
    ⇒解決方法ご存じの方がいらっしゃいましたらぜひ情報いただけますと助かります!

コメント

  1. […] WiMAXモバイルWi-Fiルータ『URoad-8000』レビュー | shimajiro@mobiler自宅の回線用の端末としては、引き続きWiMAX + WM3500Rの組み合わせを使っているのだけれど、モバイルするモバイルWi-Fiルータな […]