白ロム・中古携帯のエイヤーがコンテンツをパクっててひどい件

スポンサーリンク

普段あまりこういうことは取り上げないのだけれど、ちょっとひどいなと思ったのでエントリにしておく。

中古ケータイ販売の『エイヤー』が機種紹介のコンテンツで、他社のニュースサイトに掲載されているコンテンツをほぼ丸ごとコピーして利用している。という事を、Twitterのタイムライン上で見かけた。

例として発見したのは『F-05D』の紹介のエントリ。
オリジナルのケータイWatchの記事は以下。

LTE対応の全部入りスマートフォン「ARROWS X LTE F-05D」 – ケータイ Watch

冒頭の段落を転載。

「ARROWS X LTE F-05D」は、防水、おサイフケータイ、ワンセグ、赤外線通信機能などに対応しながら、NTTドコモのLTEサービス「Xi」(クロッシィ)に対応した、富士通製のAndroidスマートフォン。Android 2.3.5に対応する。型番のXには「エクストリーム」という意味が込められており、最高峰の機能を搭載した機種であることを表している。月々サポート適用時の価格は3万円台前半で、キャンペーンを適用すると2万円台後半になる見込みだ。12月の発売を予定している。

問題の、エイヤースタッフブログでの紹介文は以下。

ドコモ、LTE対応の全部入りスマートフォン「ARROWS X LTE F-05D」(富士通製):
白ロム・中古携帯のエイヤー スタッフブログ

冒頭の段落を転載。

みなさま、こんにちは!
「ARROWS X LTE F-05D」は、防水、おサイフケータイ、ワンセグ、赤外線通信機能などに対応しながら、NTTドコモのLTEサービス「Xi」(クロッシィ)に対応した、富士通製のAndroidスマートフォン。
Android 2.3.5に対応し、型番のXには「エクストリーム」という意味が込められており、最高峰の機能を搭載した機種であることを表しています。12月の発売を予定。

冒頭に挨拶が入っていたり、ですます調にしているなど所々、微妙に表現を細かく変えているけれど、中身はケータイWatch上の記事の内容そのままと言える…。

転載したのは冒頭部分だけだけれど、冒頭部分だけでなく、エントリ全体がケータイWatchからのコピーになっていて、感想としては『ひどい』の一言。
記事を100%そのままコピーしているのではなく、微妙に表現を変えていたり、挨拶を一文書き加えている所が、非常に悪質に思う。

『購入したのに端末が送られてこない』とか、『注文した商品が説明と違う』などなど、そういう金銭的な問題ではないけれど、これはこれで許せないなぁ。
と思っているので、今後エイヤーさんでの白ロム端末購入は一切しないようにしよう。