デスクトップ向けのOpera 11.60がリリース

スポンサーリンク

デスクトップ向けのOperaの最新版となるOpera 11.60がリリースされている。

デスクトップ向けOperaのダウンロードは以下より。
Opera Web ブラウザ | 高速で安全 | 最新のインターネットブラウザを無料でダウンロード

Opera 11.60は11月にβ版が公開されてから使っているけれど、Operaに内蔵されているメールクライアントM2を使っていないからか、デフォルトのスキンが少し変更になった以外では、Opera 11.60で大きく体感できる何かで変わった点は無いように感じている(^ ^;

Operaのメールクライアントを使っていない理由としては、仕事以外のメールではGmailを使っていて、Web版のGmailの使い勝手に慣れてしまったせいか、特にGmailで大きな不便を感じていないし、Operaのメールクライアントを使う場合、各端末にインストールされているOpera毎にアカウント設定が必要になって面倒なので、本格的に試すのを躊躇っているし、とはいえメールサーバにアクセスするための情報なんて、Opera Link経由で同期して欲しい情報でも無いしなぁ…という状態(^ ^;
*ところで、Operaに内蔵されているメールクライアントのユーザって多いのかなぁ…?

Opera 11.60ではブラウザのコア部分として、HTML5のパーサーが新しくなったり、JavaScript実行エンジンのCarakanの改良が行われた。とされているけれど、それを実感するようなシーンは、実は今のところ特になかったりする(^ ^;

あまり目立った機能追加では無いけれど、Opera 11.60で追加された機能として嬉しいのは、URLバーの右側にお気に入り登録ボタンが追加されたことで、最近はほとんど使っていないブラウザの『お気に入り』を活用して、お気に入りをフォルダ別に辿るのではなく、お気に入りに登録したURLなどの情報を一部暗記しておいて、URLの直接入力からURL候補として表示させた上でサイト閲覧する。という方法で閲覧するページが増えるきっかけにはなるかも(^ ^)

Webブラウザの『お気に入り』は数多くのサイトを登録すると、どうしてもフォルダを辿ったり整理するのが面倒なので、最近は『お気に入り』に放り込んだ情報を検索したり、URLの一部を入力してページにアクセスする事が多くて、このアクセス方法の基礎として、『気になったページをゆるめにお気に入り登録すること』が大切な気がするので…。
*特にアクセス回数の多いページは、スピードダイヤルなり、複数ページの場合はブックマークフォルダにニックネーム(ショートカット)をつけて、より高速にアクセスが出来るように設定している。